チャーリー・プースがテイラー・スウィフトの歌詞に触発されリリースを決めた新曲「Hero」の音源を公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Charlie Puth(チャーリー・プース)が新曲「Hero」をリリースした。今作はTaylor Swift(テイラー・スウィフト)の「The Tortured Poets Department」の歌詞に触発されリリースを決めたものだとしている。

YouTubeCharlie Puth - Hero - YouTube

テイラー・スウィフトは「The Tortured Poets Department」で「We declared Charlie Puth should be a bigger artist / 私たちはチャーリー・プースはもっとビッグなアーティストであるべきだと宣言した」と歌っており、この曲がリリースされて1週間も経たないうちにチャーリー・プースは「Hero」のリリースを発表した。

チャーリー・プースは自身のインスタグラムで、「私の新曲「HERO」は、愛する人が自分自身を傷つけ、人生の良いところを台無しにしているのに、どうしても彼らを救うことができないのを見たときのことを歌ったものです。これは私がこれまでに書かなければならなかった曲の中で最も難しい曲の一つですが、あなたも人生で同じようなことを経験したことがあるだろう、そして私と同じようにあなたの空白を埋めることができることを願って書きました。次のアルバム、特にこの曲を皆さんと共有できることをとても楽しみにしています。なぜなら、この曲は今後のことを見事に表現しているからです。これまでにこのような曲を出したことはありませんでした。私にとってはまったく違うものですが、これ以上ハードドライブに保存しておけないことを音楽的に教えてくれたテイラー・スウィフトに感謝したいと思います。HEROは5月24日にあなたのものになり、これはシングルアートワークです。ファンのみんなに感謝します - あなたが私にとってどれだけ大切かは決して分からないでしょう…」とコメントしている。

チャーリー・プースは今年に入り韓国の8人組ボーイズグループStray Kidsのシングル「Lose My Breath」にゲスト参加し大きな話題となっていた。ソロでの新曲としては昨年の「Lipstick」以来となる。

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事