チャーリー・プースが来たるべき最新アルバム『CHARLIE』より待望のリード・シングル「Light Switch」のミュージック・ビデオを公開

マルチ・プラチナシンガーソングライターであり、プロデューサーとしても活躍するCharlie Puth(チャーリー・プース)が1月20日(木)、待望の新曲「Light Switch」をリリースし、ミュージック・ビデオも公開しました。

Charlie Puth - Light Switch - YouTube

チャーリーはここ数ヵ月間にわたり、自身の約1,500万人のフォロワーを誇るTikTokで楽曲の制作風景を含むティーザー動画を公開していました。

「Light Switch」は、チャーリーがプロデュースを務め、彼の長年の付き合いであるJKash、グラミー賞にノミネートされた経歴をもつソングライターのJake Torrey(ジェイク・トレイ)と共同で作曲を務めており、シングルとしては昨年のElton John(エルトン・ジョン)との「After All(アフター・オール)」以来となるファン待望の新曲となります。

チャーリーの魅力的なボーカルと独自的なファルセットが流れる瞬間、リスナーのスイッチをONにさせてしまう新曲の 「Light Switch」。この楽曲を聴けば、チャーリーが現在、USの音楽シーンで最も継続的なヒットメーカーの中の一人であり、コラボレーションを望まれるアーティストである理由がよくわかります。

ミュージック・ビデオで監督を務めたChristian Breslauer(クリスチャン・ブレスラウアー)は、「Light Switch」のミュージック・ビデオ撮影時に関して「一生懸命チャーリーの隣にくっついて、彼の片思い中の行動をカメラに捉えたよ」とユーモラスに語っています。

チャーリーはTikTokで「Light Switch」の制作風景をシェアしたことについて、「曲作りの段階を僕のファンと共有するのはとても素晴らしい経験だった。制作の最初から最後までファンと共にいるようで、皆も僕と一緒に作曲をしているような気分になったんじゃないかな」とコメント。

今回の新曲は、今年リリースすることを発表している最新アルバム『CHARLIE(チャーリー)』からのリード・シングル。 先般、VOGUEの「24 Hours With」に登場しチャーリーは、「僕は今まで、本当の自分らしい曲を出す機会がなかったのかもしれない。しかし、今回はアルバムの全曲が僕のパーソナリティーにメロディーを加えたようなものなんだ」と話しています。

24 Hours With Charlie Puth | Vogue - YouTube

Charlie Puth(チャーリー・プース)Credit by Gabriela HansenCharlie Puth(チャーリー・プース)Credit by Gabriela Hansen

■楽曲情報

Charlie Puth「Light Switch」

Charlie Puth / チャーリー・プース
シングル 「Light Switch /ライト・スイッチ」
2022年1月20日
ダウンロード / ストリーミングはこちら

■プロフィール

「ダイヤモンド」認定並びに、計20回の「プラチナ」認定を獲得し、計4回グラミー賞にノミネートされた歌手でありながら、作曲家、プロデューサー、マルチプレイヤーであるチャーリー・プースは、ビルボード・ミュージック・アワード3部門、クリティクス・チョイス・アワード、ゴールデングローブ賞を受賞。
2020年には、Gabby Barrettとコラボした 「I Hope」 のリミックスが、ビルボード・チャート『ホット100』の4位を獲得、『Adult Pop Songs』チャートでは1位に輝いた。そして、2021年のビルボード・ミュージック・アワードでは、<トップ・コラボレーション賞>を受賞。
2018年、グラミー賞にノミネートされたセカンド・アルバム『Voicenotes』 は、リリースからわずか4日でRIAA(アメリカレコード協会)ゴールド認定となり、今日に至るまで、全世界で累計56億回以上のストリーミング再生数を記録している。さらに2021年、The Kid LAROIと Justin Bieberの「Stay」では、プロデュース及びコライトに参加し、彼の才能を改めて世に思い知らせた。

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。