ジャック・ハーロウが最新アルバムからドレイクを迎えた「Churchill Downs」のミュージック・ビデオを公開

Jack Harlow(ジャック・ハーロウ)が最新アルバム『Come Home the Kids Miss You(カム・ホーム・ザ・キッズ・ミス・ユー)』からDrake(ドレイク)を迎えた「Churchill Downs(チャーチル・ダウンズ)」のミュージック・ビデオを公開しました。

Jack Harlow - Churchill Downs feat. Drake - YouTube

初のコラボとなった今作はジャック・ハーロウの故郷であるケンタッキー州ルイビルの有名な競馬場にちなんで名付けられました。サンプリングではなくトラックを制作するときにハープ奏者でシンガーのMyriam Eydo(ミリアム・エイド)が即興で演奏し歌ったものだと、プロデュースを担当したAce Gが海外メディアでコメント。本人もインスタグラムで「プロジェクトに参加できることをとても光栄に思います」とコメントしています。

Kareem Johnson(カリーム・ジョンソン)が監督を務めたミュージック・ビデオは、タイトルにちなんでケンタッキー州ルイビルの有名な競馬場「チャーチル・ダウンズ」で撮影され、札束を持つドレイクの様子も見られ、実際に楽しみながら撮影されたのがわかる映像になっています。ビデオにはミスUSA 2021を受賞したモデル、Elle Smith(エル・スミス)も出演しています。

『Come Home the Kids Miss You』はエグゼクティブプロデューサーのRogét Chahayed(ロジェ・チャハイド)やAngel Lopez(エンジェル・ロペス)を含むアルバムのプロデューサーと協力して、リスナーに彼が「彼の世代で最高の一人」であることを知らせる意図を持って作られた作品。前米ビルボードのアルバムチャートでは初のトップ3位入りを果たし、カナダ、デンマーク、リトアニア、ニュージーランドで1位を獲得。前作よりも世界的に多くの国でトップ10入りを果たしましたが、一部の批評家のあいだでは商業的な意図が強すぎる印象を与えるコメントも残しています。

リードシングル「First Class(ファースト・クラス)」はビルボードホット100でソロでは初の1位を獲得しており、現在までにアルバムからの唯一のシングルとなっています。

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。