トラヴィス・スコットが脚本・監督を務めた映画『CIRCUS MAXIMUS』と新たに4曲のミュージック・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Travis Scott(トラヴィス・スコット)が脚本・監督を務めた映画『CIRCUS MAXIMUS』をYouTubeで公開しました。

Travis Scott – CIRCUS MAXIMUS – YouTube

75分間のこの映画は、トラヴィス・スコットが山の氷の洞窟で巨大なイカに襲われるシーンから始まると、彼は田舎の家に逃げ込み、そこでRick Rubin(リック・ルービン)と会い、話し合う様子を捉えています。また『UTOPIA』に収録されている「HYAENA」、「SIRENS」、「MODERN JAM」、「DELRESTO (ECHOES)」のミュージック・ビデオがどのようにつながっているかを見ることもでき、これら4曲のミュージック・ビデオも同時に公開されています。
Travis ScottのYouTubeはこちら

最新『Utopia』はリリース後Spotifyが一時クラッシュする事態となるほど注目されていた今作。Apple Musicでもリリース後は一時トップ10に7曲がランクインし、アルバムチャートでは1位。iTunesのアルバムチャートでも1位を獲得しています。

大ヒットとなった2018年『Astroworld』以来となり、2020年からSNSを通じてタイトルなどをほのめかしていました。2019年にはレコーディングが開始されており、インタビューでは自身のサウンドを拡張しようと試みながら、新しいアーティストとコラボレーションし、自身が作成したインストゥルメンタルで曲を制作していることも語られていました。

今作は映画『CIRCUS MAXIMUS』を伴うコンセプト作品となっており、Teezo Touchdown(ティーゾ・タッチダウン)、Sampha(サンファ)、Drake(ドレイク)、Playboi Carti(プレイボーイ・カルティ)、Sheck Wes(シェック・ウェス)、Beyoncé(ビヨンセ)、James Blake(ジェームス・ブレイク)、Rob49(ロブ49)、21 Savage(21サヴェージ)、The Weeknd(ザ・ウィークエンド)、Young Thug(ヤング・サグ)、Yung Lean(ヤング・リーン)、Westside Gunn(ウェストサイド・ガン)、Kid Cudi(キッド・カディ)、Bad Bunny(バッド・バニー)、Future(フューチャー)、SZA(シザ)と豪華すぎる多くのゲストが参加しています。

■『Utopia』トラックリスト
1. Hyaena
2. Thank God
3. Modern Jam
4. My Eyes
5. God’s Country
6. Sirens
7. Meltdown
8. Fe!n
9. Delresto (Echoes)
10. I Know ?
11. Topia Twins
12. Circus Maximus
13. Parasail
14. Skitzo
15. Lost Forever
16. Looove
17. K-pop
18. Telekinesis
19. Til Further Notice

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事