ソフィア・カーソンが映画『パープル・ハート』から「Come Back Home」ピアノ・バージョンのパフォーマンス・ビデオを公開

Sofia Carson(ソフィア・カーソン)が主演、歌唱、製作総指揮、サウンドトラックの作詞に携わったNetflix新作映画『パープル・ハート』のオリジナル・サウンドトラックから「Come Back Home(カム・バック・ホーム)」のピアノ・バージョンのパフォーマンス・ビデオが公開されました。

Sofia Carson - Come Back Home (From "Purple Hearts"/Piano Version) - YouTube

このビデオはピアノでの弾き語りによるパフォーマンスを中心に構成されており、『パープル・ハート』の監督でもあるElizabeth Rosenbaum(エリザベス・アレン・ローゼンバウム)が監督を務めています。

『パープル・ハート』は配信されるや否や日本、アメリカ、スペイン、フランスなど、世界各国でNetflixの『今日の映画TOP10』入りを記録。また、オリジナル・サウンドトラックはアメリカのiTunesアルバム・チャートでビヨンセの新作に次ぐ2位を記録し、アメリカやヨーロッパの国のiTunesサウンドトラック・チャートで1位を記録しました。

Netflix映画でソフィアが主演を務めるのは、映画『フィール・ザ・ビート』(2020)以来の2度目のことで、本作『パープル・ハート』では、「今後より挑戦してみたいこと」と語る製作総指揮も務め、さらに、ジャスティン・ビーバー、イマジン・ドラゴンズ、レディー・ガガ等のヒット曲を作詞し、ソフィアのデビュー・アルバムも手掛けたグラミー賞ノミネート・プロデューサー、ジャスティン・トランターらと共にサウンドトラックの作詞も担当しています。

Purple Hearts | Official Trailer | Netflix - YouTube

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。