12月に日本で初の単独公演を 控えるd4vd(デヴィッド)が夏のフジロックで披露した「Rehab」のパフォーマンス映像を公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

今年日本で初の単独公演が決定しているd4vd(デヴィッド)が夏に出演したフジロックフェスティバル’23のパフォーマンス・ビデオとして「Rehab(リハヴ)」の映像を公開しました。

YouTubed4vd - REHAB (Live from Japan) - YouTube

今年の7月29日、フジロックフェスティバル’23のRED MARQUEEステージで満員の5000人以上のファンの前で初めての日本でのライヴを披露したばかりのデヴィッド。「呪術廻戦みたことある人いる?この曲はあの作品にインスパイアを受けた楽曲なんだ」というデヴィッドの紹介に続けてドラムのサウンドと共にパフォーマンス。幼少期から父の影響で日本の文化やアニメ、漫画に深く影響を受けてきたデヴィッドは、同時に「リハヴ」のアニメーション・ビデオも公開しており、アメリカを拠点に活動するイラストレーター、トリスタン・ザミットを監督に迎えたこの映像にも、日本の文化を彷彿させる背景や戦闘シーンが印象的な映像に完成しています。

YouTubed4vd - Rehab - YouTube

また、今年の12月6日恵比寿ザ・ガーデンホールで初の単独公演が決定しているd4vd。今後の活躍に目が離せません。

Credits Nick WalkerCredits Nick Walker

■商品情報

デヴィッド『ザ・ロスト・ペタルズ』

アルバムEP 『ザ・ロスト・ペタルズ』
リリース日:2023年9月8日
視聴はこちら

■『ザ・ロスト・ペタルズ』トラック・リスト
1. Notes From A Wrist / ノーツ・フロム・ア・リスト
2. Hollow Prayers / ホロウ・プレイヤーズ
3. Rehab / リハヴ
4. Poetic Vulgarity / ポエティック・ヴァルガリティー
5. Once More / ワンス・モア

■来日公演情報
d4vd(デイヴィッド)来日公演
< Petals to Thorns Tour >
東京 2023/12/6(水) 恵比寿ザ・ガーデンホール
OPEN 18:00 / START 19:00
スタンディング 前売り:¥7,800
ドリンク代別
詳細はこちら

■アーティスト情報
HP
Instagram
X
Sound Cloud
TikTok

■バイオグラフィー
2005年3月28日生まれ(現在18歳)のテキサス州ヒューストン出身のd4vdは元々熱心な10代のゲームプレイヤーでした。ホームスクールで育ち、中学生まで教会の合唱団に参加しながらゴスペルしか聴いてこなかったd4vdのアーティストとしてのスタートは2021年まで遡ります。得意のゲームFortniteをプレイしながらゲーム配信をし、YouTubeにプレイ画面の切り抜き動画をアップロードする際、著作権に引っかからないように妹の狭いクローゼットの中でiPhoneのアプリのみを使って音楽を制作し楽曲と共に動画をアップしたところ、彼の視聴者や仲間のゲームプレイヤーから楽曲をリリースした方がいいよ!と熱烈な関心を集めました。d4vdはまた、TikTok上でBandLabというアプリを使って自分の音楽の別バージョンをアップロードし、数百万以上の再生数を記録。その中でも「Romantic Homicide」Spotify USトップ50チャートで18位、Spotify USバイラルチャートで1位、Spotifyジャパンバイラルチャートでも1位を獲得。瞬く間にアーティストとの奇才を確立させました。また、父の影響で幼い頃からたくさんの日本の沢山のアニメに影響を受けてきた少年は2023年7月にはフジロックに出演、初来日という夢を叶えます。日本の数々の素晴らしいアニメのように自分の楽曲にもd4vdverse(d4vdの世界観)を展開し僕の世界観に入り込んでくれるような深みのある曲を書きたいと語るd4vd、実力派新人のアーティストとしてのストーリーはまだ幕を開けたばかりです。

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事