テイラー・スウィフトの『Reputation』収録曲「Don’t Blame Me」がTikTokで人気化しストリーミングチャートで急上昇中!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Taylor Swift(テイラー・スウィフト)が2017年にリリースした6枚目のスタジオ・アルバム『Reputation(レピュテーション)』に収録されている「Don’t Blame Me(ドント・ブレイム・ミー)」がTikTokで人気化したことでストリーミングチャートで急上昇となっていることが海外メディアで報じられています。

Taylor Swift – Don’t Blame Me – YouTube

Pop Baseによると、Spotifyで739kのストリームを獲得し、曲がリリースされてから4年経過して以降最も高い1日あたりのストリーミング数を獲得したとしており、これがTikTokで投稿されたリミックスが人気化したことが影響していることを多くのメディアが報じています。

この事実を証明するかのように、今週の全英オフィシャル・チャートで94位に初登場でランクインしており、初のチャート入り。スウェーデンのヒートシーカーチャートでは3位を記録するほどの人気ぶりです。

1か月前に作成され、一部の歌詞の焦点を当てた曲のリミックスがTikTokで話題となり、サウンドを使用してニュースを報告したTikTokの作成者はこの事実に驚いているようです。

@hopingitgetstoyou Tik tok’s impact is crazy to me #taylorswift #swiftie #fyp #foryoupage #foryou ♬ why are people using this omg – 🍂

テイラー・スウィフトは今月初旬、ニューヨーク大学から名誉美術博士号(Honorary Doctor of Fine Arts)を授与され、同校の2022年度卒業式でスピーチを披露。卒業式の一環として「All Too Well (10 Minute Version)」も披露しました。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事