ドレイクが最新アルバム『Honestly, Nevermind』をサプライズリリース!「Falling Back」のミュージック・ビデオを公開

Drake(ドレイク)が前作からわずか9か月という短いスパンで7枚目のスタジオ・アルバム『Honestly, Nevermind(オネストリー、ネヴァーマインド)』をリリースし、「Falling Back(フォーリング・バック)」のミュージック・ビデオを公開しました。

Drake - Falling Back - YouTube

Director X(ディレクター・X)が監督を務めたミュージック・ビデオでは、ドレイクが数人の女性と結婚していることを示しており、カメオ出演としてAmy Lem、Nur Park、Jessye Romeo、Ashlee Jenae、Antje Urgaard、Nicole Restrepo、Sophia Diana、Cookie、Essyonna Peschong、Beza、Tiona Fernan、Riley Simpson、Penny Lane、Elissa Henderson、Lisa Straube、Aizabil Arabian、Ange José、Emile Celine Geneve、Emitiz Farsi、Barbara Ramirez、Elinda San、Lucciana Beatriz Beynon、Ashlee Messiahがクレジットされ、特別ゲストとしてプロバスケットボール選手のTristan Thompson(トリスタン・トンプソン)も出演しています。

映像では「Free YSL」の文字が記されており、先月ジョージア州のRICO法違反としてYoung Thug(ヤング・サグ)Gunna(ガンナ)など28人が逮捕されたことに触れていると海外メディアでは報じられています。

具体的には、収録曲の「Sticky」の歌詞で「Free Big Slime out the cage(ケージからビッグスライムを解放してくれ)」の一文からも読み取れ、サプライズでのリリースとなったのはこの事件についてのメッセージが込められているのかもしれません。

■『Honestly, Nevermind』トラックリスト
1. Intro
2. Falling Back
3. Texts Go Green
4. Currents
5. A Keeper
6. Calling My Name
7. Sticky
8. Massive
9. Flight's Booked
10. Overdrive
11. Down Hill
12. Tie That Binds
13. Liability
14. Jimmy Cooks (ft. 21 Savage)

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。