エンパイア・ステイト・バスタードが9/1発売のデビュー・アルバムから新曲「Moi?」のヴィジュアライザー・ビデオを公開!世界で一番早い?!最新アルバムの全曲が聴けるイベントを日本で開催決定!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Biffy Clyro(ビッフィ・クライ)のSimon Neil(サイモン・ニール)とMike Vennart(マイク・ヴェナート)によるエクストリーム・メタル・バンドEmpire State Bastard(エンパイア・ステイト・バスタード)が2023年9月1日(金)にリリースされるデビュー・アルバム『Rivers Of Hersey(リヴァース・オブ・ハーシー)』から新曲「Moi?(モイ?)」をリリースし、ヴィジュアライザー・ビデオを公開しました。

Empire State Bastard – Moi? – YouTube

新曲「Moi?」は、サイモン・ニールのクリーンなボーカルから始まり、後半に向けて声が獣となり、不吉な雰囲気、グラインドリフ、悲鳴に切り替わります。

サイモン・ニールは新曲について、「『Moi?』は、他人がどんな話をしても興味を持たなくなったことについて、つまり現代は人の話を聞かなくなったことの曲である。たとえ真実を目の前に提示しても、そこから目を背ける人々について。現代人々は無関心であることについて誇らしく思うようになり、頑固であり自分自身を啓発することがなくなった。それが当たり前になったことが僕は信じられない。」と語っています。

デビュー・アルバム『Rivers Of Hersey』はSiegeとSlayerがコラボレーションしたかのような楽曲(「Stutter」、「Palm of Hands」)、カオスとグランドコアが交わる楽曲(「Blusher」、「Sold」)、スローモーションでストーナー・ロックな楽曲(「Sons and Daughters」)、最も衝撃を受けるであろう楽曲(「Tired, Aye?」)等々、様々なメタルの様子を含む作品に仕上がっています。

楽曲のみならず、サイモン・ニールはシャウトからMorbid AngelやMayhemのようなグロウルの歌声にも注目必須。国内盤CDにはボーナス・トラックが収録されます。

そして今週、エンパイア・ステイト・バスタードのデビュー・アルバム『Rivers Of Hersey』を世界で一番早く?!日本で聴けるイベントが開催されることが決定。解説に増田勇一氏も参加が決まっています。

場所:Rock Inn DICE(東京都 新宿区百人町1-23-3 亀井ビル2F)
HPはこちら
日時:2023年8月25日(金)22時~(1時間ほど)
内容 :Empire State Bastard(エンパイア・ステイト・バスタード)のデビュー・アルバムの試聴会、バンドからのコメント、来場者へのプレゼント等

エンパイア・ステイト・バスタードは2023年にUKのDownload Festival、その他HellfestやWacken等ヨーロッパの大型メタル・フェスティバルに今年出演し、話題のバンドです。

Photo Credit Gavin SmartPhoto Credit Gavin Smart

■商品情報

Empire State Bastard『Rivers Of Hersey』

アーティスト:Empire State Bastard / エンパイア・ステイト・バスタード
アルバム名:Rivers Of Hersey / リヴァース・オブ・ハーシー
リリース:2023年9月1日(金)
国内CDの情報:WPCR-18628 3,080円(税込)
予約はこちら

■『Rivers Of Hersey』トラックリスト
1. Harvest
2. Blusher
3. Moi?
4. Tired, Aye?
5. Sons and Daughters
6. Stutter
7. Palms of Hands
8. Dusty
9. Sold!
10. The Looming
11. Tired, Naw? *ボーナス・トラック

■リンク
ホームページ
Facebook
X
Instagram
YouTube
ワーナーミュージック・ジャパン

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事