Machine Gun KellyがHalseyを迎えた新曲「forget me too」のミュージック・ビデオを公開

Machine Gun Kelly(マシン・ガン・ケリー)が最新アルバム「Tickets to My Downfall(チケッツ・トゥ・マイ・ダウンフォール)」からHalsey(ホールジー)を迎えた新曲「forget me too(フォーゲット・ミー・トゥー)」のミュージック・ビデオを公開しました。

Machine Gun Kelly ft. Halsey - forget me too - YouTube

「forget me too」は、Blink 182(ブリンク182)のドラマーとしても知られるTravis Barker(トラヴィス・バーカー)をプロデューサーに迎え、Halseyと共に3人で製作された曲。非常にスムーズに行われ、Machine Gun Kellyのキャリアの中でおそらく最も速く完成しただろうとインタビューで本人が述べています。

同曲が収録されている5枚目のスタジオ・アルバム「Tickets to My Downfall」は自身初の全米1位を獲得しており、彼の確立されたラップサウンドからの逸脱で、アルバムはよりギター主導のポップパンク・アルバムであることも話題を呼びました。

Halseyとのコラボは以前から考えられており、実現に至るまで7年もかかったとコメントしています。