オリヴィア・ロドリゴが最新アルバムからiPhone 15 Pro Maxで撮影された「get him back!」のミュージック・ビデオを公開!2024年2月よりワールド・ツアーの開催も発表!

グラミー賞3冠アーティストのOlivia Rodrigo(オリヴィア・ロドリゴ)が最新アルバム『GUTS』からの3枚目のシングル「get him back!」のミュージック・ビデオを公開しました。

Olivia Rodrigo - get him back! - YouTube

Jack Begert(ジャック・ベガート)が監督を務めたミュージック・ビデオでは、アップルの協力によってiPhone15 Pro Maxで撮影されており、車の窓を割ったり、ナイフを鞭で打ち出したり、家財を投げたりするなど、究極の復讐シナリオを夢見るオリヴィアの複数のポーズを重ね合わせて編集された構成に。プレスリリースによると、クラッシュズーム技術を使用したペースの速いビジュアルは、iPhone 15 Pro Max の新しい5倍望遠カメラで実現できたそうです。

「get him back!」は最新アルバム『GUTS』からの3枚目のシングルとしてもリリースされる予定で、この曲についてオリヴィア・ロドリゴはApple MusicのZane Lowe(ゼイン・ロウ)とのインタビューで、「ダンと私はここニューヨークのエレクトリック・レディ・スタジオにいて、一日中曲を書いていました。私が気に入らない曲を書いてしまい、完全に心が折れてしまいました。“なんてこと、私には曲は書けないんだ”って思った。私はこれがとても苦手です。とにかく、本当にネガティブになりたくないのです。それから私たちは休憩を取って戻ってきて、“get him back!”を書きました。それは私のお気に入りの曲の一つです。だから、ただあなたに見せてあげる、決して諦めないでください。書くのがとても楽しいです。コーラスが本当に好きです。それは私にとってベタベタする感じで、観客に歌ってもらいたい曲のように感じます。」とコメント。このインタビューの様子も公開されています。

Olivia Rodrigo: 'GUTS’, “get him back!", & Tour | Apple Music - YouTube

新作アルバム『ガッツ』は、数々の記録を更新し、第64回グラミー賞で最優秀新人賞を含む3部門受賞するきっかけとなったデビュー・アルバム『SOUR(サワー)』で共作をしたDan Nigro(ダニエル・ニグロ)を今回もプロデューサーとして迎え制作。20歳になったオリヴィアの抱える強い思い、意思、度胸を全て反映した今作は、“オリヴィア・ロドリゴはポップ界で最も輝かしいニュー・ホープ。次世代のロックスターになるかもしれない”とアメリカのニューヨーク・タイムズ誌が高い評価するなど既に多くの主要メディアから絶賛。オリヴィアの赤裸々で自由奔放な歌詞と大胆でオリジナル性の高いサウンドが彼女のアーティスト性を大きく飛躍させた作品となっています。

尚、アルバム『ガッツ』の国内盤CDの購入者に抽選で当たる5種類の特別なプレゼントも公開。今月末に待望の初来日が決定したばかりのオリヴィアに会えるスペシャル・イベントに応募できるチャンスや、直筆サイン入り写真など合計160名に様々な賞品が当たる内容となっています。応募詳細は『ガッツ』国内盤CD(UICF-9073デラックス・エディション、UICF-1137通常盤)に封入されている応募抽選券とオリヴィア・ロドリゴ日本公式HPで確認できます。
詳細はこちら

そしてアルバムをサポートするツアー『GUTS world tour』の開催も発表。2024年2月23日カリフォルニア州パーム・スプリングスを皮切りに8月のロサンゼルス2DAYSまでのスケジュールを発表しており、単独来日公演実現となるか、アジアでのスケジュールも注目となります。

■『GUTS』トラックリスト
1. All American Bitch
2. Bad Idea Right?
3. Vampire
4. Lacy
5. Ballad of a Homeschooled Girl
6. Making the Bed
7. Logical
8. Get Him Back!
9. Love Is Embarrassing
10. The Grudge
11. Pretty Isn't Pretty
12. Teenage Dream

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。