AURORAが2年半ぶりの新作アルバム『The Gods We Can Touch』2022年1月発売決定、先行シングル「Giving In To The Love」同時解禁!

ノルウェーの新世代歌姫AURORA(オーロラ)が、約2年半ぶりとなる待望の新作アルバム『The Gods We Can Touch(ザ・ガッズ・ウィー・キャン・タッチ)』を2022年1月21日にリリースすることを発表。自身3枚目のスタジオ・アルバムとなる本作のリリースに先駆け、ニュー・シングル「Giving In To The Love(ギヴィング・イン・トゥ・ザ・ラヴ)」がヴィジュアライザーと同時公開されました。

AURORA - Giving In To The Love - YouTube

新作アルバム『The Gods We Can Touch』は、ギリシャ神話の物語のプリズムを通し、恥、欲望、道徳などをテーマにした、エレガントで非常に美しくも、刺激的な作品。全15曲で構成されるこのアルバムを通し、各曲がそれぞれ持つ異なる神々をモチーフにしたストーリーに触れるという設定となっています。

新作アルバム『The Gods We Can Touch』についてオーロラは、

"人間と神々の間にある精神的な扉はとても複雑なもの。正しく歩み寄れば、信仰は最も美しいものになれる。育んで、暖かさを感じさせてくれるもの。でも、誤った歩み方をすると、戦争と死へと導くものになる。私は、人間は生まれつき価値がなく、人間らしくいるために自分の中の力を抑え込むことで、自分を価値あるものにしなければならないという考え方にいつも違和感を覚えていたの。完全ではなく、完璧でもない、普通の人間に。世の中の不思議なものに執着し、誘惑されながらも、自分の中の神聖な力を見出すことができるのか。肉体、果実、そしてワインのように。こういった要素が私がギリシャの神々に興味を持ったきっかけだと思う。昔の世界の神々。完璧に不完全で、ほとんど私たちの手の届くところにいる。まるで私たちが触れうる神々のように。"

と語っています。

『The Gods We Can Touch』『The Gods We Can Touch』

またオーロラは、2022年2月13日のイタリア・ミラノを皮切りに新作アルバムを引っ提げた、全23公演からなるヨーロッパ・ツアーの開催を発表しています。

AURORA(オーロラ)AURORA(オーロラ)

【楽曲情報】

オーロラ「ギヴィング・イン・トゥ・ザ・ラヴ」

オーロラ「ギヴィング・イン・トゥ・ザ・ラヴ」 / AURORA “Giving In To The Love”
試聴はこちら

【オーロラ プロフィール】

ノルウェーのベルゲンのフィヨルドと山の中で育った北欧ポップスのシンガー・ソングライター。2016年に本国ノルウェーのアルバムチャートで初登場1位を獲得し、壮大なポップアートとエレクトロポップを取り入れたアルバム『All My Demons Greeting Me As A Friend』でデビュー。大の親日家としても知られ、日本語を独学で勉強中。2019年公開のディズニー映画『アナと雪の女王2』では“不思議な声”役として声の出演を果たし、劇中歌「イントゥ・ジ・アンノウン」にもフィーチャリング参加。同年行った二日間の単独公演は即日完売し、日本での凄まじい人気ぶりも見せた。3作目となるオリジナル・アルバム『The Gods We Can Touch』を2022年1月に発売する。

【関連リンク】

海外公式HP
日本公式HP
Twitter
Instagram
Facebook
YouTube