音楽に込めたポジティブなメッセージで世界から注目されるシンガー・ソングライターのアンディ・グラマーが2児の父親として娘に捧げる新曲「Good Man (First Love)」のミュージック・ビデオを公開

全米トップ10入りシングル「Honey, I’m Good.」などのヒット曲でマルチ・プラチナ・セールスを記録し、音楽を通してポジティブなメッセージを世界中に発信し続けるLA出身のシンガー・ソングライター、Andy Grammer(アンディ・グラマー)が2児の父親として娘に捧げる新曲「Good Man (First Love)」をリリースし、ミュージック・ビデオを公開しました。

Andy Grammer - Good Man (First Love) - YouTube

現在、幼い2人の娘の父親として、子育てに奮闘し、娘と仲睦まじい姿をSNSに度々とアップするアンディ。そんな彼が父親と娘の深い関係性を表現するために、何度も楽曲を見直し、コードを追加して、ラインを変えて、微調整して2年以上もの制作期間を経てリリースした本楽曲。アイデアとなったのは、パンデミック初期の2人目の娘が生まれた2年以上前のことだそうで、自分が正しく娘を育てることができれば、娘が連れてくる男性は自分のように良い男性(Good Man)であろうと歌う、父親から娘への愛溢れた楽曲となっています。

公開されたミュージック・ビデオはCooper Davidson(クーパー・デビッドソン)が監督を務めており、ピアノを演奏するアンディとホームビデオのような自身の娘の映像が交差するハートフルなビデオに仕上がっています。

2月より行っていた全米ツアー<The Art of Joy Tour>を6月末に終えたアンディ・グラマーは、7月末よりFitz And The Tantrumsと共に新たなツアー<The Wrong Party Tour>の実施を予定し、ライブ活動に熱心に取り組んでいます。

Andy GrammerAndy Grammer

■商品情報

アンディ・グラマー「Good Man (First Love)」

アンディ・グラマー
新曲「Good Man (First Love)」配信中
試聴/購入はこちら

■バイオグラフィー
音楽を通して前向きなメッセージを発信し続ける米ロサンゼルス出身の超ポジティブ・シンガー・ソングライター、アンディ・グラマー。彼が生み出す音楽は、オーディエンスを魅了し、元気づけ、そして勇気を与え続けているポップ・アンセムばかり。マルチ・プラチナ・セールスを保持し、総再生回数は数十億越えである。
2011年にファースト・アルバム『アンディ・グラマー』でデビューを果たし、米ビルボード・トップ・ヒートシーカーズ・チャートで1位を記録。本アルバムからのファースト・シングル「キープ・ユア・ヘッド・アップ」はプラチナ認定され、大ヒットミュージカル映画『ピッチ・パーフェクト』の劇中でも使用された。
そして、2014年にセカンド・アルバム『マガジンズ・オア・ノーベルズ』をリリースし、米ビルボード・シングル・チャートで9位を記録したセカンド・シングル「ハニー・アイム・グッド」で一躍世界的ポップ・シンガー・ソングライターとしての地位を確固した。本楽曲はクワトロ・プラチナ・セールスに認定。さらに、世界の歌姫テイラー・スウィフトのコンサートにもサプライズ登場し、本楽曲をテイラーと一緒に披露した。
その後、米人気ダンス・コンテスト番組『ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ』に出場し、圧巻のダンスの腕前を披露したり、コール・スプラウス主演のラブロマンス映画『ファイブ・フィート・アパート』の主題歌にフォース・アルバム『ナイーヴ』からのシングル「ドント・ギブ・アップ・オン・ミー」が抜擢されたりと、活躍の幅を大きく広げた。
2021年6月に「リース・オン・ライフ」、9月に「ダム・イット・フィールズ・グッド・トゥ・ビー・ミー」、12月に「ラブ・マイセルフ」と立て続けにシングルをリリースしたアンディ・グラマーは、2022年2月より全米各地を回るツアー<ジ・アート・オブ・ジョイ・ツアー>を発表。さらに、待望のフィフス・アルバムもリリース予定。

■リンク
ミュージック・ビデオはこちら
日本公式サイトはこちら

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。