人気急上昇中の日系プロデューサー、グリフィンが新曲「Alive」をリリース。約3年ぶり、待望の2ndアルバムのタイトルトラックとして正式発表!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

大ヒット曲「Tie Me Down」で日本でも人気急上昇中のダンスプロデューサー、Gryffin(グリフィン)が、Calle Lehmann(カレ・レーマン)との新曲「Alive」のリリック・ビデオを公開しました。

Gryffin – Alive (with Calle Lehmann) – YouTube

今回の新曲は、2019年のデビュー作『Gravity』から約3年ぶり。待望の2ndアルバム『Alive』のタイトル・トラックであると正式に発表されています。

失恋ソングである新曲「Alive」は、別れた相手への未練と切望を歌っている内容で、カレ・レーマンのソウルフルなヴォーカルと、胸を打つサビの歌詞 “I’m nothing without our love alive (=君との愛がなくては僕は無意味なんだ) “が感情を壮大に盛り上げている。スウェーデン人シンガーソングライターであるカレ・レーマンとは、2019年リリースの大ヒット曲でSpotifyのみで1億7000万回超えのストリーミング再生数を記録しているシングル「All You Need To Know」、そして2021年リリース「After You」に続く3度目のコラボレーションとなっており、二人の強力なクリエイティブケミストリーが炸裂しています。

グリフィンは今回のリリースについて、「2枚目のアルバム『Alive』のタイトル曲をリリースできてとても光栄に思っているよ。長年のコラボレーターであるカレ・レーマンとの仕事はいつも最高の経験で、この曲をリリースできるのはすごく楽しみだよ」と語っている。「”Alive”はエモーショナルな楽曲でありながら、多幸感に溢れ、純粋に夏を感じられるダンスビートで構成させている。みんなにもこの曲を楽しんでもらえたら嬉しいよ。」とコメント。

LAを拠点とし、日本人の母親を持つ日系プロデューサーであるグリフィンは、日本においても今年、2018年に発表した楽曲「Tie Me Down (with Elley Duhé)」がSNSや動画配信サービスを中心に再び人気に火が付き、チャートも急上昇するなどし大きな話題となりました。また、先月4月には、グラミー賞ノミネートバンドであるワンリパブリックとのコラボレーション楽曲「You Were Loved」を、先月4月に公開したばかり。

Gryffin & OneRepublic – You Were Loved – YouTube

Gryffin(グリフィン)Photo by Sam DameshekGryffin(グリフィン)Photo by Sam Dameshek

■シングル情報

グリフィン、カレ・レーマン  新曲「Alive」

グリフィン、カレ・レーマン 新曲「Alive」
配信中
試聴・購入

■グリフィン アーティスト情報
日本公式HP
海外公式HP
Instagram
Twitter
YouTube
Facebook
Soundcloud

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事