フォイ・ヴァンスがエド・シーラン、エルトン・ジョン、キース・アーバンを迎え「Guiding Light」アニヴァーサリー・エディションのミュージック・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Foy Vance(フォイ・ヴァンス)Ed Sheeran(エド・シーラン)Elton John(エルトン・ジョン)Keith Urban(キース・アーバン)を迎え2013年にリリースした楽曲の10周年を祝う「Guiding Light (Anniversary Edition)」をリリースし、ミュージック・ビデオを公開しました。

YouTubeFoy Vance – Guiding Light (Anniversary Edition) – YouTube

ソングライターでもあるGus Black(ガス・ブラック)が監督を務めたミュージック・ビデオでは、女優兼モデルのAnnaSophia Robb(アナソフィア・ロブ)が出演しています。

各豪華ゲストは楽曲についてこうコメント。

■エルトン・ジョン
「最高に美しい曲だ。Foy Vanceから依頼された時、彼の大ファンだからすぐに参加することを決めたよ。」
■エド・シーラン
「15歳の頃からFoy Vanceのファンで、当時は彼のライヴに何度も足を運んだ。彼の曲に夢中になっていたよ。寝室で覚えて、パブで演奏していたこともある。そして彼と親しくなった時にこの曲をレコーディングしないの?と彼に尋ねたんだ。YouTubeでしかこの曲を見たことがなかったから、レコーディングするように強く勧めたんだ。彼がレコーディングしているときに、「じゃあ、一緒に歌ってみないか?何年も歌ってきたのなら、僕と一緒に歌うべきだよ」と言ってくれて、2013年に『Joy of Nothing』で歌ったんだ。その後、彼が再レコーディングしていて、Keith UrbanとElton Johnと一緒にやりたいと言った時、最高だね!って思ったんだ」。
■キース・アーバン
「Foy Vanceから僕のずっと好きな曲のひとつである「Guiding Light」の新ヴァージョンをやるという電話をもらった。とても美しい曲だから、この曲に参加できるなんて信じられない。賛美歌のような曲だ、スピリチュアルな存在が人間的な経験をすることの美しさや葛藤、すべてを表現している。だから、この曲に参加することにすぐ承諾したんだ」。

フォイ・ヴァンスは本楽曲について、「「Guiding Light」を書いた時、家族や友人関係などの理由で理性を失って人生に迷いを感じていたんだ。音楽が暗闇を照らしてくれた。このメロディーは、どんなに長い道のりでも、どんなに無意味に思えることでも、前へ進むことを思い出させてくれた。」と語っています。

Foy Vance, Ed Sheeran, Elton John, Keith UrbanFoy Vance, Ed Sheeran, Elton John, Keith Urban

■商品情報

Foy Vance feat. Ed Sheeran, Elton John, Keith Urban「Guiding Light (Anniversary Edition)」

アーティスト:Foy Vance feat. Ed Sheeran, Elton John, Keith Urban
トラック:Guiding Light (Anniversary Edition)
配信リリース:2023年11月16日(木)
ダウンロード/ストリーミング

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事