グラス・アニマルズがロンドンで行った「Heat Waves」路上ライブの和訳付きパフォーマンス・ビデオを公開

英オックスフォード出身の4人組エレクトロニック・バンド、Glass Animals(グラス・アニマルズ)の大ヒット曲「Heat Waves(ヒート・ウェイヴス)」の和訳付きパフォーマンス・ビデオが公開されました。

[パフォーマンス映像] Glass Animals - Heat Waves - YouTube

本ビデオでは、同曲収録の最新アルバム『Dreamland』をリリースする直前にロンドンで行われた路上ライブの様子が収められており、グラス・アニマルズが新作リリースにあたっての心境などもコメントした内容となっています。

「Heat Waves」は最新の全米チャートで5週連続1位を獲得。同曲は、歴代最長となる59週を経て全米シングル・チャート1位に到達していますが、英グループが5週に渡る全米1位を獲得したのは、UB40が1993年に記録した「好きにならずにいられない(原題:Can't Help Falling In Love)」以来29年ぶりの快挙。2000年代以降にリリースされた曲としては初の偉業となります。

過去にイギリス出身のグループが全米チャートで5週1位を獲得したのは、ポール・マッカートニー&ウイングスによる「心のラヴ・ソング(原題:Silly Love Songs)」、ザ・ビートルズの「ゲット・バック」と「キャント・バイ・ミー・ラヴ」など。「Heat Waves」のどこまでこの記録を続けられるかに要注目となります。

Glass Animals(グラス・アニマルズ)©Meredith TruaxGlass Animals(グラス・アニマルズ)©Meredith Truax

【アルバム情報】
グラス・アニマルズ『ドリームランド』 / Glass Animals “Dreamland”
試聴・購入はこちら

【グラス・アニマルズ プロフィール】
英オックスフォードにて2010年に結成。シンガーソングライターでプロデューサーのデイヴ・ベイリーと、彼の幼い頃からの友人である、ドリュー・マクファーレン、エドモンド・アーウィン・シンガー、ジョー・シーワードの4人で構成される。デビュー・アルバム『Zaba』は45万枚の売り上げを記録し、セカンド・アルバム『How to Be a Human Being』で全英23位を獲得。
3作目となるスタジオ・アルバム『ドリームランド(Dreamland)』を8月7日(金)にリリース。フロントマン兼プロデューサーのデイヴ・ベイリーいわく、「夢の国」と名付けられたこのアルバムは、「人生のノスタルジックな回顧録」についての作品。2018年にバンドのドラマー、ジョー・シーワードが恐ろしい自転車事故に遭い、彼が生死をさまよった時に抱えた感情を含め、デイヴの個人的な経験を元にした楽曲が収録されている。

【グラス・アニマルズ アーティスト情報】
日本公式HP
海外公式HP
Instagram
Twitter
YouTube

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。