トリッピー・レッドが新ミックステープ『A Love Letter To You 5』から「Helicopter」のミュージック・ビデオ、4曲のリリック・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

現在までに300億回以上のストリーミングを記録し、Spotifyの「最もストリーミングされたラッパー Top50」に選ばれたヒップホップ界の新星、Trippie Redd(トリッピー・レッド)が新たなミックステープ『A Love Letter To You 5』をついにリリース。収録曲からTommy Lee Sparta(トミー・リー・スパータ)を迎えた「Helicopter」のミュージック・ビデオや、「Action」、「Thinking Bout You」、The Kid Laroi(ザ・キッド・ラロイ)を迎えた「Wind」、Lil Wayne(リル・ウェイン)を迎えた「I'm Mad at Me」のリリック・ビデオを公開しました。
「Action」リリック・ビデオ
「Thinking Bout You」リリック・ビデオ
「Wind」リリック・ビデオ
「I'm Mad at Me」リリック・ビデオ

YouTubeTrippie Redd - Helicopter (feat. Tommy Lee Sparta) - YouTube

トリッピー・レッドが2017年からリリースを続けているアルバム『A Love Letter To You』シリーズ。過去にリリースした『A Love Letter To You 3』は全米No.3、『A Love Letter To You 4』は自身初の全米No.1を記録しており、5作目となる今回のリリースには大きな注目が集まっています。このシリーズは象徴的なサンプルとビートに裏打ちされたスムーズなヒップホップのフローを通して、愛のテーマを強調することで有名でありトップアーティストとのコラボも度々行われてきました。

今作も様々なトップスターとのコラボがされておりトミー・リー・スパータ、ザ・キッド・ラロイに加えて伝説的なリル・ウェインなどこれ以上ない布陣となっています。

彼の活躍はそれだけにとどまらない。今年初め、トリッピー・レッドはTravis Scott(トラヴィス・スコット)ら著名アーティストをフィーチャーしたサプライズ・ミックステープ『Mansion Musik』をリリースし、ビルボードのラップ・アルバム・チャートで1位、R&B/ヒップホップ・アルバム・チャートで2位を獲得。また、ビルボード200アルバム・チャートでは初登場3位を記録し、トリッピー・レッド自身では7年連続でトップ5入りを果たすなど勢いが止まりません。

今回リリースとなったニュー・アルバム『A Love Letter To You 5』も圧倒的な記録を残すことになりそうです。

Trippie ReddTrippie Redd

■商品情報

Trippie Redd『A Love Letter To You 5』

Trippie Redd
『A Love Letter To You 5』
2023年8月11日発売
試聴・購入

■『A Love Letter To You 5』トラックリスト
1. Take Me Away (feat. Corbin)
2. Last Days
3. Thy Motion
4. How You Alive
5. Thinking Bout You
6. Praying 4 Love
7. Reality
8. A Feeling (feat. Skye Morales)
9. Romantic Fantasy
10. I'm Mad at Me (feat. Lil Wayne)
11. Closed Doors (feat. Roddy Ricch)
12. Action
13. Left 4 Dead
14. Wind (feat. The Kid LAROI)
15. Helicopter (feat. Tommy Lee Sparta)
16. Took My Breath Away (feat. Skye Morales)
17. Flowers (feat. Bryson Tiller)
18. The Hate
19. Trip McKnight

■バイオグラフィー
アメリカ、オハイオ州出身の世界的ラッパー、Trippie Redd(読み:トリッピー・レッド)。2017年にデビューミックステープ「A Love Letter To You」を配信して以来、突き刺さるような歌詞とハードなボーカルパフォーマンスで、感情的な楽曲を作り出し世界中にインパクトを残している。
23歳という若さで、現在までに300億回以上のストリーミングを記録し、7作連続でビルボード200アルバムチャートのトップ5にランクインしたTrippie Reddは、Soundcloudの新進ラッパーから世界的大物に成長した。ドレイク、トラヴィス・スコット、マシュメロなど、音楽界の大物たちとのコラボレーションだけでなく、人気ラッパー兼コメディアンのリル・ディッキーの絶賛されたDAVEへの出演や、マシンガン・ケリーのGood Mourningに出演するなど俳優デビューも果たしている。 2021年のアルバム『Trip At Knight』では、シングル「Miss The Rage」がビルボードのトップR&B/Hip-Hopアルバムで1位を獲得、30億回以上のストリーム数を記録したほか、今年初めにリリースしたミックステープ『Mansion Musik』が同チャートで1位を獲得している。Spotifyで最もストリーミングされたラッパーTOP50」の一人に選ばれたTrippie Reddは、今後も境界を打ち破り、現代音楽における最高の一人としての地位を確立していく。

■リンク
日本公式サイト

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事