今年デビュー40周年のジャネット・ジャクソン史上初めて日本盤シングルとMVを網羅した最新/最強ベスト盤8月に発売決定!幻の楽曲や世界初DVD化映像も収録

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

オリジナル・アルバム総売上枚数1億8千枚、本ベスト盤収録楽曲の総再生回数は64億再生を記録。世界中から愛される歌姫、Janet Jackson(ジャネット・ジャクソン)

1982年のファースト・アルバム『Janet Jackson』のリリースから40年経った今年、ユニバーサル ミュージックが保有する日本盤シングルとMVを収録したベスト盤『ジャパニーズ・シングル・コレクション-グレイテスト・ヒッツ-』が発売されることが発表、そのジャケット写真と収録内容が明らかとなりました。発売日は8月24日。

Janet JacksonJanet Jackson

本作品は日本企画で、CD2枚とDVD1枚の全3枚組。CDには全38曲、DVDには全44曲収録。日本盤シングル+MVのベスト盤リリースはジャネット・ジャクソンの作品の中でも初となります。

また、今回のベスト盤には、ジャネットの3rdアルバム『Control』の日本発売時(1986年)に初回プレス盤のみに収録され、また日本のみでシングルカットされた楽曲「Start Anew」を収録することが決定。本楽曲はギタリスト/音楽プロデューサーの鳥山雄司とRalph McCarthyによる楽曲で、当時National(現 パナソニック株式会社)のビデオ・デッキのCMソング(CMにはジャネット本人も出演、中村雅俊さんと共演)となっており、現在はデジタル配信もされていない幻の楽曲。

また、MVは世界初DVD化の楽曲が7曲含まれる予定。ジャネットの歴史がわかる名曲たち、そして世界中のダンサー達に多大な影響を与えたダンスが満載のミュージック・ビデオの数々を是非堪能してもらいたいコレクションです。

■商品詳細

ジャネット・ジャクソン『ジャパニーズ・シングル・コレクション-グレイテスト・ヒッツ-』

ジャネット・ジャクソン『ジャパニーズ・シングル・コレクション-グレイテスト・ヒッツ-』
JANET JACKSON Japanese Singles Collection
商品形態:2SHM-CD+1DVD(CD全39曲/DVD全44曲収録)
発売日:2022年8月24日
CD品番:UICY-16086
価格:4,400円 (税込み)
解説:池城美菜子
歌詞・対訳付
最新マスタリング
シングル・ジャケットを掲載したカラーブックレット
予約はこちら

■収録楽曲
CD DISC 1
01. ヤング・ラヴ/Young Love (Edited Version)
02. ときめきラブチャンス/Don’t Stand Another Chance
03. ふたりのラブソング/Two To The Power Of Love
04. スタート・アニュー/Start Anew
05. 恋するティーンエイジャー/What Have You Done For Me Lately
06. ナスティ/Nasty
07. あなたを想うとき/When I Think Of You
08. コントロール/Control
09. 急がせないで/Let’s Wait Awhile
10. 愛の法則/The Pleasure Principle
11. ミス・ユー・マッチ/Miss You Much (7″ Edit)
12. リズム・ネイション/Rhythm Nation (7″ Edit)
13. エスカペイド/Escapade
14. オールライト/Alright (7″ R&B Remix)
15. カム・バック・トゥ・ミー/Come Back To Me (7″ I’m Beggin You Mix)
16. ブラック・キャット/Black Cat (Video Mix / Short Solo)
17. ラヴ・ウィル・ネヴァー・ドゥー/Love Will Never Do (Without You) (Single Version)
18. ステイト・オブ・ザ・ワールド/State Of The World (United Nations 7″)
19. それが愛というものだから/That’s The Way Love Goes

CD DISC 2
01. イフ/If (Radio Edit)
02. アゲイン/Again
03. ビコーズ・オブ・ラヴ/Because Of Love
04. どんなときも、どこにいても/Any Time, Any Place (R. Kelly Mix)
05. ユー・ウォント・ディス/You Want This (Remix)
06. あなたがいってしまう/What’ll I Do (Dave Navarro Mix)
07. ランナウェイ/Runaway
08. トゥウェンティー・フォープレイ/Twenty Foreplay (Slow Jam International Edit) 09. ゴット・ティル・イッツ・ゴーン feat. ジョニ・ミッチェル&Qティップ/Got ‘Til It’s Gone feat. Q-Tip & Joni Mitchell (Radio Edit)
10. トゥゲザー・アゲイン/Together Again (Radio Edit)
11. エヴリ・タイム/Every Time
12. ゴー・ディープ/Go Deep
13. ユー/You
14. ダズント・リアリー・マター/Doesn’t Really Matter (Radio Edit)
15. オール・フォー・ユー/All For You (Radio Edit)
16. サムワン・トゥ・コール・マイ・ラヴァー/Someone To Call My Lover (Single Edit)
17. サン・オブ・ア・ガン (アイ・ベッチャ・シンク・ディス・ソング・イズ・アバウト・ユー)feat. カーリー・サイモン、ミッシー・エリオット/Son Of A Gun (I Betcha Think This Song Is About You) feat. Carly Simon, Missy Elliott (The Original Flyte Tyme Remix))
18. ジャスト・ア・リトル・ホワイル/Just A Little While (Single Radio Edit)
19. オール・ナイト(ドント・ストップ)/All Nite (Don’t Stop)
※尚、楽曲のヴァージョンは当時の日本でリリースされたシングルのヴァージョンに基づきます。

DVD
01. ドリーム・ストリート/Dream Street☆
02. 恋するティーンエイジャー/What Have You Done For Me Lately
03. ナスティ/Nasty
04. あなたを想うとき/When I Think of You
05. コントロール/Control
06. 急がせないで/Let’s Wait Awhile
07. 愛の法則/The Pleasure Principle
08. ミス・ユー・マッチ/Miss You Much
09. リズム・ネイション/Rhythm Nation
10. エスカペイド/Escapade
11. オールライト/Alright
12. カム・バック・トゥ・ミー/Come Back To Me
13. ブラック・キャット/Black Cat
14. ラヴ・ウィル・ネヴァー・ドウー/Love Will Never Do (Without You)
15. ザ・ノウリッジ/The Knowledge☆
16. それが愛というものだから/That’s The Way Love Goes
17. イフ/If
18. イフ(オール・ダンス・ヴァージョン)/If (All Dance Version)☆
19. アゲイン/Again
20. ビコーズ・オブ・ラヴ/Because Of Love
21. どんなときも、どこにいても/Any Time, Any Place
22. ユー・ウォント・ディス/You Want This
23. ウープス・ナウ/Whoops Now
24. あなたがいってしまう/What’ll I Do☆
25. ランナウェイ/Runaway
26. トゥウェンティー・フォープレイ/Twenty Foreplay☆
27. ゴット・ティル・イッツ・ゴーン/Got ‘Til It’s Gone
28. トゥゲザー・アゲイン/Together Again
29. アイ・ゲット・ロンリー/I Get Lonely
30. エヴリ・タイム/Every Time
31. ゴー・ディープ/Go Deep
32. ユー/You
33. ダズント・リアリー・マター/Doesn’t Really Matter
34. オール・フォー・ユー/All For You
35. サムワン・トゥ・コール・マイ・ラヴァー/Someone To Call My Lover
36. サン・オブ・ア・ガン (アイ・ベッチャ・シンク・ディス・ソング・イズ・アバウト・ユー)/Son Of A Gun (I Betcha Think This Song Is About You)
37. ジャスト・ア・リトル・ホワイル/Just A Little While
38. アイ・ウォント・ユー/I Want You
39. オール・ナイト(ドント・ストップ)/All Nite (Don’t Stop)
40. コール・オン・ミー/Call On Me
41. ソー・エクサイティッド/So Excited☆
42. フィードバック/Feedback
43. ロック・ウィズ・ユー/Rock with U☆
44. メイク・ミー/Make Me
☆世界初DVD化

■リンク
ユニバーサル ミュージック アーティストページ
Twitter
Facebook
Instagram
TikTok
YouTube
海外公式サイト

■Janet Jakcon(ジャネット・ジャクソン)プロフィール
1966年5月16日、インディアナ州ゲイリーのジャクソン・ファミリーに生を受ける。
7歳でデビュー、その後陰気TVシリーズに次々と出演。10代の頃に『ヤング・ラヴ』『ドリーム・ストリート』の2枚のアルバムをリリース。1986年ジャネットにとって新たなキャリアの幕開けとなった『コントロール』を発売。Jam & Lewisとの共作関係もこの作品からスタート。ソングライターとしての才能を開花させ、新しい自分自身を見出すきっかけとなった1枚となる。1989年『リズム・ネイション1814』を発表。4週間連続で全米チャートNO.1に輝く大ヒットとなり、スーパースターとしての地位を不動のものにした。1991年Virginに移籍。1993年に超大作『Janet.』をリリース。数々のシングルヒットを生み出した。1997年『ザ・ヴェルヴェット・ロプ』はより私的な内容の作品となり、ファンがジャネットをより身近に感じるきっかけとなった。
2001年、自身も出演した映画『ナッティプロフェッサー2~クランプ家の面々』のサントラに収録された「ダズント・リアリー・マター」が大ヒット。日本では100万枚近いセールスを記録。2004年、自らのミドル・ネームを冠した『ダミタ・ジョー』を発表。2006年、アーティストとしての起点となった『コントロール』から20年となる新生ジャネットの幕開けともなる『20 Years Old』がリリースされる。2019年、ロックの殿堂入りを果たした。オリジナル・アルバム総売上枚数1億8千枚、楽曲の総再生回数は64億再生以上を記録している。
デビュー・アルバム『Janet Jackson』から40年経った今年2022年、米ドキュメンタリー視聴率NO.1を獲得した自身のドキュメンタリー『ジャネット・ジャクソン 私の全て』が日本でCSヒストリーチャンネルにて6/12より放送。新曲『Luv I Luv』をドキュメンタリー内で初公開し、今年ニュー・アルバムのリリースを予定。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事