レディー・ガガの8年ぶりとなる来日公演「The Chromatica Ball」の日本公演が決定!

Lady Gaga(レディー・ガガ)の全米No.1アルバム『Chromatica(クロマティカ)』を携えたワールドツアー「The Chromatica Ball(クロマティカ・ボール)」の日本公演が決定しました。

【レディー・ガガ来日】8年ぶり待望の来日公演! - YouTube

本公演は、全米No.1アルバム『クロマティカ』を携えたワールドツアー「クロマティカ・ボール」の日本公演となり、2022年9月3日(土)、9月4日(日)の2日間、ベルーナドーム(西武ドーム)にて開催されます。レディー・ガガの来日公演は、2014年に開催された「アートポップ・ボール」以来8年ぶり。

「クロマティカ・ボール」は、2022年7月のデュッセルドルフを皮切りに、パリ、ロンドン、トロント、ニューヨーク、ロサンゼルスなど、全世界の主要都市のスタジアムを巡る大規模なワールドツアーです。既に発表されていた世界ツアーの日程に、今回新たに、アジア地域では唯一となる日本公演が追加されました。お馴染みのヒット曲の数々に加え、ライブでは初披露となる、2020年の全米No.1ヒットでグラミー賞を受賞したアルバム『クロマティカ』からの楽曲を含む、壮大なポップショーに注目です。

チケット一般発売に先駆け、4月20日(水)12時正午より、アメリカン・エキスプレスのカード会員様向けの先行販売がスタートします。続いて4月26日(火)12時正午より、ライブネーション・ジャパン・プレミアムクラブ会員様向けの先行販売を行います。チケット一般発売は5月28日(土)。その他、チケット販売情報については、来日公演特設サイトをご参照ください。
来日公演特設サイト

Lady Gaga(レディー・ガガ)

Lady Gaga(レディー・ガガ)Photo Credit Norbert SchoernerLady Gaga(レディー・ガガ)Photo Credit Norbert Schoerner

■公演概要
LADY GAGA PRESENTS THE CHROMATICA BALL
レディー・ガガ 「クロマティカ・ボール」
2022年9月3日(土)・4日(日)ベルーナドーム(西武ドーム)
開場16:00 ・ 開演18:30
企画・製作・招聘:Live Nation Japan合同会社
共催:日本テレビ
後援:J-WAVE / interfm / NACK5
協力:Universal Music Japan
お問い合わせ:ライブネーション・ジャパン info@livenation.co.jp

■チケット料金(全席指定・税込)
VIP:100,000円 (グッズ付き、専用入場口、物販優先レーン)
GOLD:50,000円(グッズ付き)
S席:18,000円
A席:10,000円(立見指定)

※未就学児(6歳未満)入場不可
※VIP・GOLDのグッズ詳細は後日発表いたします。
※チケット料金とは別に、レディー・ガガが共同創設者であるBorn This Way Foundationへの寄付金100円を手数料(特別チャージ)としていただきます。

[Born This Way Foundationについて]
Born This Way Foundationは、若者のウェルネスを支援し、彼らとともに、より優しく勇敢な世界を築くことを目的としています。私たちは若者とともに、親しみやすいリソースを提供し、真のつながりを育み、行動を促すようなコミュニティを構築しています。

■チケット販売スケジュール
AMERICAN EXPRESS® EXPERIENCES先行:4/20(水)12:00pm正午~4/25(月)11:59pm
ライブネーション・ジャパン・プレミアムクラブ会員先行:4/26(火)12:00pm正午~5/1(日)11:59pm
ライブネーション・メルマガ会員先行:4/29(金)12:00pm正午~5/1(日)11:59pm
プレイガイド最速先行(チケットぴあ):5/2(月)12:00pm正午~
一般発売:5/28(土)10:00am

■バイオグラフィー
世界売上枚数7,000万枚を超える歌姫、レディー・ガガ。2016年に発売した自身初の自伝的な作品『ジョアン』では、自身の“ありのままの姿”をこの作品を通して見せるため、これまでの派手な姿から脱却し、ジョアン(亡くなった実の叔母の名前)として世に見せた赤裸々なアーティスト性が話題を呼ぶ。2017年には、米・NFL主催のスーパー・ボウル・ハーフタイムショーへの出演、コーチェラ2017にて史上初の女性ヘッドライナーを務め、2018年には初の主演女優を務めたミュージカル映画『アリー/ スター誕生』にて、グラミー賞やアカデミー賞などの名だたるショーレースを総なめし、ポップ・アーティストという肩書ではもはや説明しえない存在へとなる。2019年、セリーヌ・ディオンやエルトン・ジョンといった数え切れるほどの歌手しかそのステージに立つことができないラスベガスの定期公演で『ENIGMA~エニグマ 』&『JAZZ & PAINO~ジャズ&ピアノ』という2つの異なるコンセプトでライヴを行い、その多様な才能を一目見ようと、日々世界中から観客が訪れ、完売公演が続いたこのショーは、2019年に行われたベガス定期公演で最も高い売り上げを記録。名実ともに第2のキャリアの頂点を迎えるガガは、最新アルバム『クロマティカ』で未知のポップ・サウンドを創出する。

■リンク
アーティスト公式サイト
レーベル公式サイト
公式インスタグラム
公式フェイスブック
公式ツイッター
公式Tiktok

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。