6年ぶりの来日公演が決定しているジャスティン・ビーバーがドン・トリヴァーを迎えた新曲「Honest」をリリース!コール・ベネットが手掛ける壮大なミュージック・ビデオも公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

6年ぶりの来日公演が決まっているJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー)Don Toliver(ドン・トリヴァー)を迎えた新曲「Honest(オネスト)」をリリース、ミュージック・ビデオを公開しました。

Justin Bieber – Honest (feat. Don Toliver) – YouTube

世界的なスーパースターであるジャスティン・ビーバーは今週、リリカル・レモネードの創始者でありディレクターであるコール・ベネットが監督とホストを務めた軽快なティザー動画「I Feel Funny」で、ファンを驚かせ、ジャスティンとコールは、彼がドン・トリヴァーをフィーチャーしたニューシングル「Honest」のビデオをニューシングルとして発表しました。

ドン・トリヴァーをフィーチャーした新曲「Honest」は、パンチの効いたアップテンポの曲となっており、ミュージック・ビデオ内で2人は、トラック上で揺れながら、ドレスアップしたスノーモービルで雪の森を駆け抜け、ゲレンデでトラブルから逃げ出す様子を描いています。

ジャスティンは、グラミー賞にもノミネートされたマルチ・プラチナムアルバム『ジャスティス』のアンセミックなフィナーレを飾る「ゴースト」が1月にラジオで1位になって以来、初の公式シングルとなり、男性ソロアーティストによる全米ラジオチャート史上最多の1位獲得と、ビルボードホット100でトップ5ヒットを20回達成した史上5人目のアーティストの座を獲得しています。

ジャスティンは、現在自身のプラットフォームを社会貢献のために活用することを約束し、「ジャスティス・イン・アクション」活動を全米のファンに向けて行い、刑事司法改革、気候変動対策、有権者登録などの重要問題に対する認識を高めています。

なお、ジャスティン・ビーバーは、最新アルバム『ジャスティス』を引っ提げたワールドツアー日本公演を 2022年11月9日(水)バンテリンドーム ナゴヤ、11月12日(土)、13日(日)京セラドーム大阪、11月16日(水)、17日(木)東京ドーム にて開催することが発表されています。ジャスティンの来日公演は、2016年8月に幕張メッセで開催された「パーパス ワールドツアー」以来、6年ぶり4度目。3大ドームツアーの開催は自身初。

JustinBieber @evanpaterakisJustinBieber @evanpaterakis

JustinBieber @evanpaterakisJustinBieber @evanpaterakis

JustinBieber @rorykramerJustinBieber @rorykramer

JustinBieber @rorykramerJustinBieber @rorykramer

■ リリース情報

ジャスティン・ビーバー「オネスト feat. ドン・トリバー」

Justin Bieber ジャスティン・ビーバー
タイトル:「Honest feat. Don Toliver」/「オネスト feat. ドン・トリバー」
絶賛発売中
発売元:Universal Music
デジタル配信URL

■リンク
Instagram
Twitter
Facebook
YouTube
Twitter JP
Store
Official Site

■ジャスティン・ビーバー:プロフィール
1994年3月1日、カナダはオンタリオ州ストラトフォード生まれ。独学でドラム、ギター、ピアノ、トランペットを習得したシンガー・ソングライター。12歳の頃YouTubeにアップしたパフォーマンス映像が瞬く間に5,000万再生を突破。ネット上で話題になったことでDef Jamと契約。
2010年、1stアルバム『My World 2.0』が全米アルバム・チャート通算3週1位を獲得。未成年の男性アーティストとして47年ぶりの大記録を達成する。同年のアメリカン・ミュージック・アワードでアーティスト・オブ・ジ・イヤーを含む最多4部門を受賞。第53回グラミー賞では「最優秀新人賞」含む2部門にノミネート。
2011年、自伝映画『ジャスティン・ビーバー ネヴァー・セイ・ネヴァー』を公開。全米興行成績はマイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』の記録を超えるスタートを見せた。その後、2011年の2ndアルバム『アンダー・ザ・ミスルトゥ』、2012年の3rdアルバム『ビリーヴ』の他、企画アルバムである2011年の『ネヴァー・セイ・ネヴァー(リミックス)』、2013年の『ビリーヴ(アコースティック)』と5作品が連続で全米No.1に輝き、10代で5作品が全米1位となった最年少記録を樹立。
2015年には4thアルバム『パーパス』をリリース。本作からは「ホワット・ドゥ・ユー・ミーン?」「ソーリー」「ラヴ・ユアセルフ」の3曲が全米No.1ヒットに。
2016年、第58回グラミー賞で「ディプロ&スクリレックス/ホウェア・アー・ユー・ナウ withジャスティン・ビーバー」が“最優秀ダンス・レコーディング賞”を受賞。自身初のグラミー賞を受賞。
翌2017年、第59回グラミー賞ではシングル「ラヴ・ユアセルフ」が“最優秀楽曲賞”含む2部門、アルバム『パーパス』が“最優秀アルバム賞”を含む2部門、合計4部門にノミネート。同年、ラテンミュージック界の大物=ルイス・フォンシ&ダディー・ヤンキーのシングル「デスパシート」に客演。全米シングル・チャート史上、最長記録(※当時)となる16週1位に輝く。
2020年にリリースされた5thアルバム『チェンジズ』も全米初登場1位を記録し、第63回グラミー賞最優秀ポップボーカルアルバムにノミネート。同年グラミー賞に参加楽曲含む4曲でノミネートされている。21世紀のキング・オブ・ポップ”と称されるアーティストである。
 2021年3月にリリースされた最新アルバム『ジャスティス』は、全米アルバム・チャートで1位を獲得。同時リリースされたシングル「ピーチズ」も米シングル・チャートで1位を獲得し、男性ソロアーティスト初の同時1位の快挙を達成した。アルバム『ジャスティス』は81の国と地域でApple Musicチャート1位、39の国と地域でiTunesチャート1位を獲得。世界117ヵ国で90億近いストリーミング数を記録し、世界で最もストリーミングされたアルバムとなり、本アルバムと収録曲は、世界的なポップ現象を巻き起こし、ジャスティンを新たな高みへと導いた。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事