ラウヴの8月発売新作アルバム『All 4 Nothing』の日本盤CDにボートラ2曲収録が決定!新曲「Kids Are Born Stars」のミュージック・ビデオも公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

アメリカはLAを拠点に活動するシンガー・ソングライター、プロデューサー、そしてマルチな楽器のプレイヤーであるLauv(ラウヴ)。待望の2ndアルバム『All 4 Nothing(オール・フォー・ナッシング)』が来月の8月5日にリリースを控える中、この度日本盤CDに「Forever」と「Dream (Demo)」の2曲が収録されることが決定しました。

先月末には新曲「Kids Are Born Stars」をリリースし、ミュージック・ビデオも公開しています。

Lauv – Kids Are Born Stars – YouTube

Hannah Lux Davis(ハンナ・ラックス・デイヴィス)が監督を務めたミュージック・ビデオでは、ラウヴが子供の頃の自分に出会う設定となっており、お互いに好物や好きな映画を言い合って驚く微笑ましいシーンが登場します。“子供はスターに成るべく生まれた”という意味の最新シングルについて、ラウヴは「新作に取り組む際に、自分自身の子供の頃と向き合うメディテーションをしていて、この曲は、小学生の頃の自分に自信を与えることを描いています。なぜなら、当時の僕は自信を持つことが本当に必要だったから。そして大人になってからも再び自信を無くしてしまい、この曲とアルバムの制作を通して本当の自分と向き合うことが出来たと思います」と語っています。

8月5日発売の新作『All 4 Nothing』で、ラウヴは“懐かしさ”、“葛藤”、“自己啓発”を掘り下げ、リスナーに語り掛けるような内容になっており、ラウヴは「僕のニュー・アルバムは、様々なことに対してオープンになり、彷徨い、ドキドキワクワクすること、更には、儚さ、そして真実のキュレーションになっています。今作がみなさんにとって長い間感じていなかったことへの扉を押し開けるきっかけとなり、新しい自分を発見する機会になれば嬉しいです」とコメントしています。

親日派のラウヴは、日本のファンに向けて、「何年もずっと応援してくれてありがとう。2年前に行けなかったのは残念だけど、また日本にツアーで行くのを凄く楽しみにしています。みんなの安全と、幸せと、健康を祈っています。みんなのことを愛しています。新作も気に入ってくれることを祈っています。またすぐ会いましょう!」とコメント。来日公演の発表が待ち遠しい中、ラウヴは新作リリース直後の8月11日から全米ツアーがキックオフする予定となっています。

Lauv(ラウヴ)Photo by Clare GillenLauv(ラウヴ)Photo by Clare Gillen

■リリース情報

Lauv『All 4 Nothing』

ニュー・アルバム 『All 4 Nothing』
2022年8月5日(金)世界同時発売
品番:UICB-1014/価格:2,500円+税
試聴/予約リンク

■日本盤CD収録トラックリスト
1. 26
2. Stranger
3. Kids Are Born Stars
4. Molly In Mexico
5. All 4 Nothing (I’m So In Love)
6. Stay Together
7. Summer Nights
8. Time After Time
9. Hey Ari
10. Better Than This
11. Bad Trip
12. I (Don’t) Have A Problem
13. First Grade
14. Forever ※
15. Dream (Demo) ※
※:日本盤CD収録ボーナス・トラック

■バイオグラフィー
Lauv(ラウヴ)。LAを拠点に活動するシンガー・ソングライター/プロデューサー。2015年にアーティストとしてのキャリアを始動し、NY大学在籍時に発売したシングル「The Other」がバイラルヒットしたことをきっかけに注目を浴びては、その後発売されたシングル「I Like Me Better」はSpotifyのみで10億回の再生回数を記録。『I met you when I was 18.』のプレイリストを発表した2018年には、エド・シーランのツアーのサポートアクトも務め、2019年にはトロイ・シヴァンを迎えたシングル「i’m so tired…」、アン・マリーとの「fuck, I’m lonely」をリリース。2020年にはLANYやBTS等とのコラボ曲も収録した待望のデビュー・アルバム『~ハウ・アイム・フィーリング~』をリリースし、見事全米チャートTop20入りを果たしている。

■リンク
日本公式アーティストページ

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事