UKスーパー・ロック・スターのリアム・ギャラガー、2022年のネブワース・パーク公演のライヴ・アルバム『Knebworth 22』の国内盤CDを8/11に発売!国内盤CDにはボーナス・トラックあり!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

UKのスーパー・ロック・スターのLiam Gallagher(リアム・ギャラガー)が、昨年ネブワース・パークで行った2夜にわたる公演のライヴ・アルバム『Knebworth 22(ネブワース 22)』の国内盤CDを2023年8月11日(金)に発売。国内盤CDには解説とボーナス・トラックが2曲収録予定であり、ボーナス・トラックの2曲の内1曲はOasis(オアシス)の楽曲です。

Liam GallagherLiam Gallagher

オアシスの時代を決定づけたライヴの現場に戻り、今回のライヴには約26年前のファンからティーンエイジャーまで、多くの世代の観客が集まり、リアム・ギャラガーは世代を超えた支持を持つことが証明されました。

17万枚のチケットは一瞬で完売。オープニングの「Hello」でリアム・ギャラガーを迎える歓声から、エンディングの名曲「Wonderwall」と「Champagne Supernova」(後者にはストーン・ローゼズの伝説的アーティスト、ジョン・スクワイアが特別参加)で迎える大合唱まで、ライヴの熱気は『Knebworth 22』アルバム全体で体験できます。

リアム・ギャラガーと彼のバンドは、「Shockwave」や「Everything’s Electric」などで熱唱する一方で、「Once」や「Slide Away」のような内省的な場面では、リアム・ギャラガーの柔らかい声が会場に響く。新作ライヴ・アルバム『Knebworth 22』は、あの時の公演を体験したいファンにとっては必聴のライヴ・アルバムとも言えます。

先行して配信スタートされたアルバム収録曲「Roll It Over」はもともとオアシスのアルバム「Standing On The Shoulder of Giants」に収録されており、バンドは本楽曲をライヴで演奏することはありませんでしたが、一部のファンの間ではひっそりと人気の楽曲でした。本楽曲は、リアム・ギャラガーのヴォーカルと情熱的な歌声で、メランコリックな感じに仕上がっています。

今回の作品についてリアム・ギャラガーは、「昨年行ったネブワースのギグを録音したんだ。俺たちはみんな神聖な音を出しているよ、音量を上げて楽しんでほしい。」と語っています。

6/26よりワーナーミュージック・ストア限定のライヴ・アルバム関連商品の予約が開始。Tシャツ、プリント、キーホルダー等の商品が購入可能。
詳細はこちら

リアム・ギャラガーは、Summer Sonic 2023で来日が決定しており、更に追加で単独公演も決まっています。
Summer Sonic 2023
Summer Sonic Extra

リアム・ギャラガーのソロ・キャリアは、当初から目覚ましい復活を遂げ、3枚のスタジオ・アルバム(『As You Were』、『Why Me? Why Not.』、『C’mon You Know』の3枚のスタジオ・アルバムは、いずれもUKのチャートで1位を獲得。また、『MTV Unplugged』アルバムもチャート上位に入り、ライヴ・アルバム『Down By The River Thames』は『C’mon You Know』と同日に発売され、チャート4位に輝いています。

■商品情報

Liam Gallagher『Knebworth 22』

アーティスト名:Liam Gallagher / リアム・ギャラガー
アルバム:Knebworth 22 / ネブワース 22
リリース日:2023年8月11日(金)
国内盤CDの情報:WPCR-18618 3,190円(税込)
予約はこちら

『Knebworth 22』トラックリスト
1. Hello
2. Rock ‘n’ Roll Star
3. Wall Of Glass
4. Shockwave
5. Everything’s Electric
6. Roll It Over
7. Slide Away
8. More Power
9. C’mon You Know
10. The River
11. Once
12. Cigarettes & Alcohol
13. Some Might Say
14. Supersonic
15. Wonderwall
16. Champagne Supernova
17. Stand By Me *
18. Diamond In The Dark *
*ボーナス・トラック

■リンク
ホームページ
Facebook
Twitter
Instagram
YouTube
TikTok
ワーナーミュージック・ジャパン

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事