カイゴがエイバ・マックスとのコラボでシャキーラの大ヒット曲を大胆にサンプリングした新曲「Whatever」のミュージック・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Kygo(カイゴ)Ava Max(エイバ・マックス)とのコラボで新曲「Whatever」をリリースし、ミュージック・ビデオを公開しました。

Kygo & Ava Max – Whatever – YouTube

Dano Cerny(ダノ・チェルニー)が監督を務めたミュージック・ビデオでは、広い大地の中で歌うエイバ・マックスにダイヤモンドのような多くの鉱石が散らばり、彼女の周りを覆いながら空を舞う様子を中心に描かれており、あらゆる角度からエイバ・マックスを捉えながら最後には一つにまとまって大きな鏡のようになります。

今作はShakira(シャキーラ)の2001年の大ヒット曲「Whenever, Wherever」を大胆にサンプリングし、カイゴらしさの溢れるのサウンドによって再解釈され、リメイクに近い形の楽曲となっています。

古いものを新しいパッケージで提示するこの手法は近年、カイゴの代名詞のひとつとなっており、2019年にWhitney Houston(ホイットニー・ヒューストン)の音源を活用しリメイクしたSteve Winwood(スティーヴ・ウィンウッド)のカバー「Higher Love」が大ヒット。以降、Tina Turner(ティナ・ターナー)の「What’s Love Got to Do With It」、Donna Summer(ドナ・サマー)の「Hot Stuff」、Paul McCartney(ポール・マッカートニー)Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)の「Say Say Say」などの象徴的なヒット曲に独自のアレンジを加えています。

カイゴはさいたまスーパーアリーナにて開催する、国内最大規模のダンスミュージックフェスティバル「GMO SONIC 2024」に参加が決まっており、1月28日(日)のヘッドライナーとして出演します。
GMO SONIC 2024オフィシャルサイト

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事