d4vd(デイヴィッド)が2024年初となる2曲入りシングル『Withering』から「Leave Her」のライヴ・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

d4vd(デイヴィッド)が2024年初となる2曲入りシングル『Withering(ウィザーリング)』から「Leave Her」のライヴ・ビデオを公開しました。

d4vd – Leave Her (Live From A Warehouse) – YouTube

「Leave Her」は、恋愛の美化に対する明るくも切ない考察となっており、この曲でデイヴィッドは、リバーブのかかったギター・ループとロック風のドラム・ビートにのせて、自分に好意を向けてくれない相手との恋について歌っています。

今作ついてデイヴィッドは、「この曲は、2人の関係における愛の不均衡と、彼の彼女に対する愛情の方が強かった結果、彼が最終的に彼女の元を去らなければいけなくなったことに触れている。この曲を世界中のみんなと共有できることにとてもわくわくしているよ。というのも恋愛が美化されすぎている時代で、すべてが完璧でなければ上手くいかないと思われているからだ。多くの人がこの曲に書かれているような経験をしているように感じるんだ。」と述べており、「2016」については、「この曲は、無意識のうちに人間関係に振り回される曲作りの習慣から少し離れるために書いたんだ。僕の思う2016年って当時のトレンドやテクノロジーを見ても過去10年で最高の年のひとつと考えられているだろ。だから僕は、楽曲のスタイルからユニークなヴォーカル・アプローチに至るまで、時代と自分の成長期のグランジーで硬質な感じを書きたかった。2000年代初頭を懐かしみながらも、新しさや楽しさを感じられるようなものをね。」と語っています。

デイヴィッドはまた自身のインスタグラムで2022年の楽曲「Romantic Homicide」がストリーミングで10億回再生を突破したことを発表。「iPhone で作った曲が今日、10億回のストリームに達しました!!!言葉が出ないよ、聞いてくれて、サポートしてくれて本当にありがとう」とコメントしています。

d4vdd4vd

■商品情報

デヴィッド「ウィザーリング」

シングル「ウィザーリング」
リリース日:2024年2月9日
試聴はこちら

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事