キング・プリンセスがジミー・ファロンの米人気テレビ番組に出演し披露された「Let Us Die」のパフォーマンス・ビデオが公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

ブルックリン出身のシンガーソングライター、King Princess(キング・プリンセス)がジミー・ファロンがホストを務める米人気テレビ番組「The Tonight Show Starring Jimmy Fallon」に出演。7月29日にリリースされたばかりの最新アルバム『Hold On Baby(ホールド・オン・ベイビー)』からシングル「Let Us Die(レット・アス・ダイ)」のパフォーマンス・ビデオが公開されました。

King Princess: Let Us Die | The Tonight Show Starring Jimmy Fallon – YouTube

「Let Us Die」はFoo Fighters(フー・ファイターズ)のドラマー、故Taylor Hawkins(テイラー・ホーキンス)のドラム演奏をフィーチャーしており、キング・プリンセスは自身のインスタグラムで「テイラーはこの曲を演奏したかっただけでなく、そのセッションで最も励みになる素晴らしい存在でした。ある時点で私はすすり泣き始め、マークは笑顔を止めることができませんでした.こんなに幸運だと感じたことはありません。テイラーがこの曲を作ったので、あなたがそれを聞くのが待ちきれません。」とコメントしています。

『Hold On Baby』はデビュー作『Cheap Queen』から約3年ぶりとなる2枚目のスタジオ・アルバム。Mark Ronson(マーク・ロンソン)、Ethan Gruska(イーサン・グルスカ)、Aaron Dessner(アーロン・デスナー)、Bryce Dessner(ブライス・デスナー)、Tobias Jesso Jr.(トビアス・ジェッソ・ジュニア)らがプロデューサーとして参加しています。

■『Hold On Baby』トラックリスト
1. I Hate Myself, I Want to Party
2. Cursed
3. Winter Is Hopeful
4. Little Bother (with Fousheé)
5. For My Friends
6. Crowbar
7. Hold on Baby Interlude
8. Too Bad
9. Change the Locks
10. Dotted Lines
11. Sex Shop
12. Let Us Die

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事