マット・マルチーズが最新アルバム『Driving Just To Drive』をリリース!Live At The Dealershipと題したライヴ映像を公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

UK・サウスロンドン出身、日常の物語をロマンチックに描くシンガーソングライター、Matt Maltese(マット・マルチーズ)が最新アルバム『Driving Just To Drive』をリリースし、Live At The Dealershipと題したライヴ映像を公開しました。

YouTubeMatt Maltese – Live At The Dealership – YouTube

これまでにリリースしたシングル・アルバム楽曲の累計再生回数はすでに10億回越えのマット・マルチーズが、本作で表現したのは“今を楽しむ”こと。前を向くために、故郷・青春時代・失恋体験など、ようやく自分自身の過去を振り返り原点に立ち返ることで、今現在の彼が“最も自由である”ことを歌った作品が完成しました。

コロナ禍を経て2年ぶりのリリースとなった今作は、25歳である彼の成長は、音楽と連動しており、毎日学校に車で通わなければならなかった故郷・レディングでの哀愁漂う時代に思いを馳せた「M5. Museum」や、彼の人生を変えたライブについて10代の頃に書いた「M3. Florence」などの楽曲では、過去の自分自身の青春を称えています。

一方、アメリカーナのサウンドを取り入れた「M4. Mortician」は、より楽しいこと歌い、「M10. Suspend Your Disbelief」は人生に希望、喜び、エネルギーを見出しており、彼はこのアルバムで初めて、過去と現在の間に平和を見いだし、徐々に自分らしくなったのだと語っています。

「多くのことは、最終的な目標がないほうが、より良い体験になる。物事の長さにこだわらないようにすることは、本当に重要なことだった。キャリアとか、人間関係とか、親がいつまで生きているのかとかね。腰を落ち着けて、若い頃の自分に耳を傾け、ただ旅を楽しむということなんだ。」(Matt Maltese)

また本作はJosh Scarbrow(ジョシュ・スカブロウ)といったプロデューサー陣が参加したことで、瑞々しく、映画音楽のようだと称される壮大なサウンドとなりました。アルバムリリース後にはアメリカ・シカゴのグラント・パークで行われる音楽フェスティバル「Lollapalooza」への出演や、既にソールドアウト公演も多数のアジア&オーストラリアツアーを控えており、世界へ羽ばたくマット・マルチーズの旅は始まったばかり。

© Reed Schick© Reed Schick

■商品情報

Matt Maltese『Driving Just To Drive』

Matt Maltese(マット・マルチーズ)
Driving Just To Drive(ドライヴィング・ジャスト・トゥー・ドライヴ)
リリース日:2023年4月28日(金)
レーベル:ASTERI ENTERTAINMENT (アステリ・エンタテインメント)
形態:ストリーミング&ダウンロード
URL

■『Driving Just To Drive』トラックリスト
1. Mother
2. Irony Would Have It
3. Florence
4. Mortician
5. Museum
6. Widows
7. Coward (ft. Biig Piig)
8. Driving Just to Drive
9. Hello Black Dog
10. Suspend your Disbelief
11. But leaving is

■プロフィール
次々と新しい才能が登場するサウス・ロンドンから登場した若きシンガーソングライター。2018年、アルバム『Bad Contestant』によってデビュー。収録曲「As The World Caves In」は、TikTokで8万本以上のビデオに使用され、Spotifyで約3億回の再生回数を記録している。2019年には自身のベッドルームですべてレコーディングを行った2ndアルバム『Krystal』をリリース。プロデュース能力も開花した同アルバムは翌年日本でのみCD盤が制作され、日本のリスナーを魅了した。2021年には、ロマンスに満ちた3rdアルバム『Good Morning, It’s Now Tomorrow』をリリース。NME、DIY、Under The Radar、Dork、Pasteなど各メディアから絶賛された。コロナ禍での葛藤を経て、2023年4月には 4thアルバム『Driving Just To Drive』をリリースする。

■リンク
HP
Twitter
Instagram
TikTok
Facebook

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事