サマソニで来日したばかりのラウヴが初監督を務めた新曲「Love U Like That」のミュージック・ビデオをを公開

ポップでメロディアスな楽曲が人気の、アメリカはLAを拠点に活動するシンガー・ソングライター/プロデューサー、Lauv(ラウヴ)が、最新曲「Love U Like That」のミュージック・ビデオを公開しました。

Lauv – Love U Like That – YouTube

今作はラウヴ本人にとって初の共同監督作品となり、過去にコロンビアのアーティストであるFeidの作品等を手掛けているGian Rivera(ジャン・リベラ)監督とコラボレーション。公開されたミュージック・ビデオに対してのファンからの感想を読んだラウヴは「YouTubeに投稿されているみんなからのミュージック・ビデオへの感想を読んでいるよ。心から皆さんに感謝を伝えたいです。僕をサポートしてくれて、そして僕のことを愛してくれて本当に有難う!!」とコメントしています。

昨年の8月にリリースした最新アルバム『All 4 Nothing』を引っ提げ、2019年、東京はマイナビBLITZ赤坂、その他大阪と名古屋での来日公演以来、先週末、約4年振りの来日を果たし、サマーソニックに19日(土)は大阪、20日(日)は東京にて初出演が実現。

今月の4日にリリースしたばかりの新曲「Love U Like That」を両日ともセットリストの1曲目としてパフォーマンスし、会場をわかせたラウヴ。久し振りの来日となり、更には、自身にとっても日本において最大規模の観客の前で披露することが出来、ステージ上で横たわり、天を仰ぎながら「これは僕にとって歴史的な日だ」と、その瞬間をかみしめていました。

サマーソニックを含めた形でアジアツアーをキックオフしたラウヴは、今後控えるヨーロッパ&オーストラリアでのツアー、アメリカでのLoveloudフェスティバル、そしてメキシコでのツアースケジュールと共にツアーの意気込みを投稿しており、「これからツアーが始まります。今回はどこへでも行くわけではないことはわかっていますが、新しい音楽をすべてリリースしたらすぐにまた行きます。でも今のところは、本当に大好きな場所に行くつもりです。そこで皆さんに会えるのを楽しみにしています。」と語っています。

Photo Credit by Lauren DunnPhoto Credit by Lauren Dunn

■商品情報

Lauv「Love U Like That」

ニュー・シングル 「Love U Like That」
2023年8月4日デジタル限定配信
試聴/購入リンク

ラウヴ『All 4 Nothing』

アルバム 『All 4 Nothing』
発売中
品番:UICB-1014
試聴/購入リンク

■『All 4 Nothing』日本盤CD収録トラックリスト
1. 26
2. Stranger
3. Kids Are Born Stars
4. Molly In Mexico
5. All 4 Nothing (I’m So In Love)
6. Stay Together
7. Summer Nights
8. Time After Time
9. Hey Ari
10. Better Than This
11. Bad Trip
12. I (Don’t) Have A Problem
13. First Grade
14. Forever ※
15. Dream (Demo) ※
※:日本盤CD収録ボーナス・トラック

■バイオグラフィー
Lauv(ラウヴ)。LAを拠点に活動するシンガー・ソングライター/プロデューサー。2015年にアーティストとしてのキャリアを始動し、NY大学在籍時に発売したシングル「The Other」がバイラルヒットしたことをきっかけに注目を浴びては、その後発売されたシングル「I Like Me Better」はSpotifyのみで10億回の再生回数を記録。『I met you when I was 18.』のプレイリストを発表した2018年には、エド・シーランのツアーのサポートアクトも務め、2019年にはトロイ・シヴァンを迎えたシングル「i’m so tired…」、アン・マリーとの「fuck, I’m lonely」をリリース。2020年にはLANYやBTS等とのコラボ曲も収録した待望のデビュー・アルバム『~ハウ・アイム・フィーリング~』をリリースし、見事全米チャートTop20入りを果たしている。 2022年には2ndアルバム『All 4 Nothing』をリリースし、2023年にはサマーソニック2023に出演する。

■リンク
日本公式アーティストページ

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。