マドンナが40周年を記念したザ・セレブレイション・ツアーを発表!アナウンス・ビデオを公開

Madonna(マドンナ)が40周年を記念した『ザ・セレブレイション・ツアー』を発表し、アナウンス・ビデオを公開しました。

Madonna - The Celebration Tour Announcement - YouTube

Nuno Xico(ヌーノ・ヒーコ)が監督を務めたアナウンス・ビデオでは1991年のマドンナのドキュメンタリー映画『イン・ベッド・ウィズ・マドンナ』のオマージュとしてディナー・パーティーの様子から始まり、Amy Schumer(エイミー・シューマー)、Diplo(デュプロ)、Eric Andre(エリック・アンドレ)、Lil Wayne(リル・ウェイン)、Kate Berlant(ケイト・バーラント)、Larry Owens(ラリー・オーウェンズ)、Meg Stalter(メグ・スターター)、Judd Apatow(ジャッド・アパトウ)など多くの有名人が参加した映像となっています。

音楽キャリア40周年を記念して行われる『ザ・セレブレイション・ツアー』は、ライヴネイションのプロデュースの元、北米とヨーロッパの35都市にまたがり、7月15日に北米のバンクーバーのロジャーズ・アリーナで始まり、デトロイト、シカゴ、ニューヨーク、マイアミ、ロサンゼルスなどを経由してツアーが行われます。ヨーロッパでは、ロンドン、バルセロナ、パリ、ストックホルムなど、秋を通して11の都市を訪れる予定です。

マドンナは、「ファンが待ち望んでいたショーをファンに届けることを期待して、できるだけ多くの曲を探求することに興奮しています。」とコメントしています。
Madonna Announces The Celebration Tour

マドンナは2021年、ワーナー・ミュージック・グループとの契約の下、今後数年間で1982年のマドンナのデビュー・シングルのリリースから始まった過去の作品を再発売することをあかしており、第1弾として2022年の8月にリリースされたコンピレーション・アルバム『Finally Enough Love: 50 Number Ones』は世界6か国で1位を獲得。全米ビルボードのアルバム・チャートでは8位に初登場し、マドンナは過去50年間(1980年代から2020 年代)で連続してトップ10入りを果たした米国初の女性アーティストになりました。また、50年ぶりにオーストラリアでナンバーワンのアルバムを持った最初の女性になりました。

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。