イタリア・ミラノ出身の実力派DJデュオ、メルク&クレモントが新曲「Touch」の音源を公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

イタリア・ミラノ出身のEDMデュオ、Merk & Kremont(メルク&クレモント)が新曲「Touch(タッチ)」をリリースし、音源を公開しました。

Merk & Kremont – Touch – YouTube

現在、世界各地でサマーツアーを開催中。コソボで行われるデュア・リパのチャリティー・コンサートにもゲストとして参加予定。

「Touch」はインターナショナルなフレーバーと強いクラブサウンドを持ち合わせており、心地の良いバイブスは彼らの真骨頂。この曲は、ヴォーカルを担当するLost Boyの多彩なサウンドに、ヴァイオリンの弦楽器が上品なタッチを加えており、リスナーを魅了します。メルク&クレモントが作り出す洗練された音楽は、今や彼らのスタイルとなっています。

「Touch」は、メルク&クレモントが過去数ヶ月間に行ってきた一連のコラボレーションの結果として生まれたもので、多作で疲れ知らず、実験熱心なアーティストであることを証明しています。

彼らは長年にわたり、国内外の多くのアーティストとコラボレーションし、制作チーム「ITACA」を設立し、数多くのヒット曲をプロデュース、共同作曲しています。中でも、「Hands Up feat. DNCE」はSpotifyで3500万回以上ストリーミングされた2018年夏のヒット曲、Benji & Fedeによる「Dove e quando」はSpotifyで1億1500万回以上ストリーミングされプラチナレコード5回(および2019年夏のベストセラーシングル)、Ghaliによる「Good Times」は2020年に最も放送されたイタリアの曲で現在までに4回プラチナを獲得しています。

Merk & KremontMerk & Kremont

■リリース情報

メルク&クレモント「Touch(タッチ)」

Merk & Kremont メルク&クレモント「Touch(タッチ)」
絶賛発売中
デジタル配信URL

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事