リリース50周年記念!クイーンのアルバム「クイーンⅡ」を徹底的に語るトークイベント開催!大貫憲章、ROLLY、白井良明らが参加!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

年末には第74回NHK紅白歌合戦にも出演し、2月からは来日公演も始まる英ロック・バンド、Queen(クイーン)の初期の代表作『Queen II(クイーン II)』がイギリスでリリースされて今年で50周年を迎えることを記念して3月2日(土)、3日(日)、8日(金)の3日間、東京原宿のSpace WOWにて『クイーン II』を様々な角度から語り尽くすトークイベント、「新クイーン・ゼミナール② クイーン II 50周年ウィーク」の開催が決定。昨年7月に同所で開催された『戦慄の 50周年ウィーク』に続くアルバム・フィーチャー型のトークイベント第2弾となります。

新クイーン・ゼミナール② クイーン II 50周年ウィーク新クイーン・ゼミナール② クイーン II 50周年ウィーク

アルバム『クイーンⅡ』はクイーンのセカンド・アルバムとして1974年3月8日にリリース。アルバムに先立ち、同年2月23日に発売されたシングル『輝ける7つの海』のヒットにより同アルバムも英チャートのTOP10入り。クイーン最初のブレイクを果たした記念すべき作品となりました。

LPで発売された当時はA面(サイド・ホワイト)が主にBrian May(ブライアン・メイ)が書いた曲を中心に、B面(サイド・ブラック)はFreddie Mercury(フレディ・マーキュリー)が書いた作品で構成され、アルバムのスリーブも表面をブラックとインナーをホワイトで統一したコンセプチュアルなアルバム。かつてアクセル・ローズ(ガンズ・アンド・ローゼズ)は自分が死んだときには『クイーンⅡ』を棺桶に入れてくれ!と言ったエピソードが残されているぐらいで、クイーン・ファンの間でも同アルバムをNo.1に上げる人が多い名盤。

そんな名盤『クイーンⅡ』を語って頂くゲストは、先ず初日(3/2)の昼の部にトリビュート・バンド、QUEERのドラマー、ロジャーM.T.が登場。ドラマーの視点から語ります。夜の部は音楽評論家/ラジオDJの大貫憲章と今泉圭姫子が参加。大貫憲章を日本に最初にクイーンを紹介した音楽評論家と知られ、今泉圭姫子は自身の番組でメンバーをゲストに迎え、それらの思い出を綴った著書『青春のクイーン、永遠のフレディ 元祖ロック少女のがむしゃら突撃伝』を昨年9月に出版。

2日目(3/3)昼には『クイーンは何を歌っているのか?』の著書がある洋楽歌詞解説者の朝日順子。歌詞の面から『クイーンⅡ』を紐解きます。夜の部にはムーンライダーズのギタリストで音楽プロデューサーの白井良明が日本の歌謡界/J-POP界にクイーン・サウンドをいち早く取り入れた人物。ブライアン・メイのギターから『クイーンⅡ』のサウンドを解説。

そしてアルバム『クイーンⅡ』の英国での発売日でもある3月8日に登場するのは自他共にクイーン好きを認める、ミュージシャンのROLLY。前回の『戦慄の王女 50周年ウィーク』に続き、クイーン愛が炸裂するトークが聴けそうです。

5つのトークイベントの構成/進行を務めるのはクイーン研究家の石角隆行。各日40名限定の入場形式と配信の両方を実施。クイーン来日公演の余韻に浸りつつ、徹底的に『クイーン II』の世界が楽しめるイベントとなる模様。
入場&配信チケットは1月19日(金)より発売。

ゲスト一覧ゲスト一覧

■イベント概要
MUSIC LIFE CLUB presents 新クイーン・ゼミナール Ⅱ
クイーンⅡ 50周年ウィーク
日時:2024年3月2日(土)、3日(日)、8日(金)
会場:東京原宿・space WOW
HPはこちら
主催:シンコーミュージック・エンタテイメント / MUSIC LIFE CLUB
企画:六角堂 / 協力:SCOOP

■クイーンⅡ 50周年ウィーク/参加ゲスト
3月2日(土) 昼の部 OPEN 13:00 START 13:30 /ロジャー M.T. (QUEER/ドラマー)
3月2日(土) 夜の部OPEN 13:00 START 13:30 /大貫憲章(音楽評論家/DJ)+今泉圭姫子 (ラジオDJ /音楽評論家)
3月3日(日) OPEN 13:00 START 13:30 / 朝日順子 (洋楽歌詞解説者)
3月3日(土) OPEN 13:00 START 13:30 /白井良明 (ムーンライダーズ/音楽プロデューサー)
3月8日(金) OPEN 19:00 START19:30 ROLLY (ミュージシャン)
進行:石角隆行(新クイーン・ゼミナール塾頭/クイーン研究家)

チケット価格(税込)
☆3月2日(土) 昼の部 & 3日(日) 昼の部:
入場チケット(各回定員40名):3,000円+入場時ドリンク代別途(500円)
配信チケット(生配信+見逃し視聴期間:7日間):2,000円

☆3月2日(土) 夜の部、3日(日) 夜の部、8日(金)
入場チケット(各回定員40名):3,500円+入場時ドリンク代別途(500円)
配信チケット(生配信+見逃し視聴期間:7日間):2,500円

チケット発売日;
入場チケット:1月19日(金) 12:00~
受付URL
配信チケット:1月19日(金) 12:00~
受付URL
※配信視聴にはイープラスの会員登録が必要です(登録料無料)。
※配信ではトーク中に流れる楽曲の再生が出来ません。あらかじめご了承ください
イベント情報サイト

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事