カーリー・レイ・ジェプセンが10月21日に約2年半ぶりとなる最新アルバム『The Loneliest Time』のリリースを発表

Carly Rae Jepsen(カーリー・レイ・ジェプセン)が10月21日に約2年半ぶりとなる最新アルバム『The Loneliest Time(ザ・ロンリエスト・タイム)』をリリースすることを発表しました。5月にはリードシングルとして「Western Wind(ウエスタン・ウィンド)」がリリースされています。

Carly Rae Jepsen - Western Wind - YouTube

SNSではリリースの発表とともにコメントを残しており「私は孤独にとても魅了されています。ひっくり返して見ると本当に綺麗です。愛と同じように、それは人間の極端な反応を引き起こす可能性があります。」と述べています。

カーリー・レイ・ジェプセンは2019年に『Dedicated(デディケイティッド)』、2020年に『Dedicated Side B(デディケイティッド・サイドB)』をリリースしており、『Dedicated Side B』は『Dedicated』の制作時に作られていた未発表作品で構成されていたため、『The Loneliest Time』は実質、約3年半ぶりとなる完全新作のスタジオ・アルバムとなります。

6月には4回目となるのコンサートツアー『The So Nice Tour』の開催も発表しており、9月21日にオハイオ州クリーブランドのジェイコブス パビリオンで始まり、11月5日にイリノイ州シカゴのアラゴン ボールルームで終了する予定です。ツアーの最初の2日間は、ニュージャージー出身のバンド、Bleachers(ブリーチャーズ)との共同公演となっており、ツアーの残りの部分はミュージシャンのEmpress Of(エンプレス・オブ)によってサポートされています。

また8月20、21日に千葉・ZOZOマリンスタジアムと幕張メッセと大阪・舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)で開催される音楽フェスティバル「SUMMER SONIC 2022」への出演も決定しており、久しぶりの来日を果たします。

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。