ノラ・ジョーンズが3/8に9枚目のスタジオ・アルバム『Visions』をリリースすることを発表!先行曲「Running」のミュージック・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Norah Jones(ノラ・ジョーンズ)が3月8日に9枚目のスタジオ・アルバム『Visions』をリリースすることを発表し、先行曲「Running」をリリース。ミュージック・ビデオを公開しました。

Norah Jones – Running – YouTube

Joelle Grace Taylor(ジョエル・グレース・テイラー)が監督を務めたミュージック・ビデオでは、Melena Ruiz Michels(メレナ・ルイス・ミシェルズ)とモデルのNicole Calamaras(ニコール・カラマラス)がゲスト出演し、長い道路や広い大地などのノイズがかった映像をバックに走る様子が描かれ、ノスタルジックな印象すら与える映像となっています。

『Visions』は2021年にリリースした初のクリスマス・アルバム『I Dream Of Christmas』も手掛けたLeon Michels(リオン・マイケルズ)がプロデュースを担当し、ほぼ全てのパートを2人でレコーディング。

収録されている12曲は、自由を感じること、踊りたくなること、人生がもたらすものを受け入れることなど、活気に溢れたポジティヴな内容。ダウンホームでアーシーなサウンドも印象的で、懐かしい雰囲気ながらもどこか新しさを感じさせる、これまでの作品には無かったノラの新たな一面を感じ取れる作品。

日本盤には、2023年6月にリリースしたシングル「Can You Believe」をボーナス・トラックとして収録。さらに限定盤、シングルレイヤーSA-CD~SHM仕様といった形態も日本盤のみ発売。

今作についてノラ・ジョーンズは、「私がアルバムを『Visions』と名付けたのは、多くのアイデアが真夜中か寝る直前の瞬間に思いついたからで、「Running」は半分眠っているのに、ちょっと目が覚めたような気分になる曲のひとつだった。ほとんどの曲は、私がピアノかギターで、リオンがドラムを叩いて、ただジャムるというやり方で作っていったの。 その生々しさが好きで、ガレージっぽいけどソウルフルな感じになったと思う。それがリオンのサウンドの原点だし、完璧すぎないというのも魅力のひとつだしね。」と語っています。

■『Visions』トラックリスト
1. All This Time
2. Staring At The Wall
3. Paradise
4. Queen Of The Sea
5. Visions
6. Running
7. I Just Wanna Dance
8. I’m Awake
9. Swept Up In The Night
10. On My Way
11. Alone With My Thoughts
12. That’s Life

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事