オリヴィア・ロドリゴがタイニー・デスク・コンサートで行ったパフォーマンス映像が公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Olivia Rodrigo(オリヴィア・ロドリゴ)がNPR Musicが主催するライブコンサートのビデオシリーズ「タイニー・デスク・コンサート」に出演した際のパフォーマンス映像が公開されました。

Olivia Rodrigo: Tiny Desk Concert – YouTube

映像では「love is embarrassing」から始まり、アコースティック・ギターを弾きながらパフォーマンス。歌い終えると約2年ぶりとなった前回との違いについて、「ここにいるほうがずっと涼しいよ」と述べています。前回出演時がパンデミックの予防措置による影響で通常行われている場所ではないDMVオフィスでの撮影だったため、2度目の出演ながら初めてNPRミュージック・オフィスでのパフォーマンスとなりました。

続けて大ヒット曲「vampire」ではピアノの弾き語りを軸に3人のコーラスとバンドはオリヴィア・ロドリゴのペースに合わせながら演奏。徐々にペースが上がっていくライヴならではのパフォーマンスとなりました。

続く「lacy」はギターの弾き語りとコーラスのみで披露。南カリフォルニア大学で詩のクラスを受講し、宿題のひとつとして書いたもので歌詞を書いてからメロディーをつけたことをあかしました。そして最後に披露した「making the bed」はバンドもコーラスも去り、ピアノの弾き語りのみでパフォーマンスを行っています。

■セットリスト
1. love is embarrassing
2. vampire
3. lacy
4. making the bed

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事