マイリー・サイラス「Party In The U.S.A.」が独立記念日の影響からアメリカのストリーミングを中心に急上昇

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Miley Cyrus(マイリー・サイラス)が2009年にリリースしたシングル「Party In The U.S.A.」がアメリカのストリーミングを中心に急上昇。独立記念日の影響からと見られ、SpotifyやApple Musicなどのストリーミングサービス、さらにiTunesチャートでもトップ10入りを果たしています。

Miley Cyrus – Party In The U.S.A. – YouTube

「Party in the U.S.A.」はマイリー・サイラスにとって初めてビルボードホット100でトップ3入りを果たした曲で、2020年にはRIAA(米国レコード協会)で1000万枚の売上に相当するダイヤモンド認定を受け、テレビ番組『ジミー・キンメル・ライブ』に出演した際にダイヤモンド認定の楯を正式に受け取りました。

Miley Cyrus on Her Mullet, New #1 Rock Album Plastic Hearts & Superfan Game – YouTube

独立記念日の影響で人気化するのは今回が最も躊躇に結果として表れていますが、リバイバルヒットの兆候は2020年頃から起こっていました。

7月4日があけた現在もストリーミングは好調に推移しており、グローバル・チャートにも影響が出始めています。さらに現在「Flowers」も継続的な人気をキープしており、iTunesでは2曲同時トップ10入りとなっています。

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事