セクシー・レッドがニッキー・ミナージュを迎えた「Pound Town 2」が米iTunesチャートで1位、2位を独占

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Sexyy Red(セクシー・レッド)が今年1月にリリースした楽曲「Pound Town」にNicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)が参加したリミックス「Pound Town 2」を先週リリース。アメリカのiTunesチャートで1位を獲得。クリーン・バージョンも2位にランクインし、上位を独占しました。

Sexyy Red, Nicki Minaj, & Tay Keith – Pound Town 2 – YouTube

セクシー・レッドはミズーリ州セントルイス出身のラッパー。2018年から曲を公開し、現在Spotifyで約300kのリスナーを獲得しています。

「Pound Town」はTay Keith(テイ・キース)のプロデュースで今年1月にリリース。米Fader雑誌等から2023年のサマー曲、注目すべきアーティストとして取り上げられ、特にSNSで人気を集めていました。

Sexyy Red – Pound Town – YouTube

ニッキー・ミナージュは今回のコラボについてbarbz(ニッキー・ミナージュの熱狂的なファンの名称)宛にメールを送付しており、そこには最初この曲を聴いて、自分をあまり想像できなかったものの、色々フリースタイルをしながら楽しくリリックを書いてみたら完成したと述べ、さらにリリックを3時間以内に仕上げたこと、ツアーに開始前にファンたちにサプライズ曲を出したかったと加えています。

ニッキー・ミナージュは次のアルバムに向けて多くの楽曲のリミックスに参加しており、その一環でコラボがでたとファンたちが憶測を立てています。

2人は水曜日にインスタグラムライブに一緒に出演し、そこで女王は音楽業界を生きていく上で貴重な話をいくつか提供。さらにお互いの曲の中で好きなリリック、自分たちの出身ルーツ、ソウルフードの話まで様々、コラボの話など40分に渡り話しました。

セクシー・レッドによるオリジナル・バージョンもアメリカのiTunesチャートで8位にランクインしており、セクシー・レッドにとっては3曲同時チャート入り、また1位獲得どちらも初の快挙を達成。ニッキー・ミナージュは37回目の1位獲得となり、今年に入ってからはIce Spice(アイス・スパイス)とのコラボ曲「Princess Diana」に続き2度目の首位となりました。

また昨日はLatto(ラトー)Cardi B(カーディ・B)を迎えた新曲「Put It On Da Floor Again」をリリースしており、アメリカのiTunesチャートで3位を獲得。女性ラッパーがトップ3を独占する状態となっています。

Sexyy Red, Nicki Minaj, & Tay Keith – Pound Town 2 [Official Audio] – YouTube
・参考情報:The Rap Report: Don’t sleep on these song of the summer 2023 candidates – Fader
・情報提供:Omi (Twitter)

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事