クイーン+アダム・ランバート、約4年ぶりとなる来日公演が2024年2月に決定。全5公演のドーム・ツアー

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

今秋、22公演に及ぶ北米ツアーが既に決定している、Queen(クイーン)Brian May(ブライアン・メイ)Roger Taylor(ロジャー・テイラー)、グラミー賞にもノミネートされたボーカリストのAdam Lambert(アダム・ランバート)によるクイーン+アダム・ランバートが、来年2月、日本で全5公演のメガ・ドーム・コンサートを開催することを発表しました。

THE RHAPSODY TOURTHE RHAPSODY TOUR

今回の日本ツアーは、2月4日の名古屋公演を皮切りに、大阪公演(2月7日)、札幌公演(2月10日)、そして締めくくりとなる東京ドームでの二夜連続公演(2月13日、14日)の計5公演で、延べ20万人以上を動員する予定。中でも札幌公演は、1982年10月29日の〈ホット・スペース・ツアー〉以来、クイーンにとって実に42年ぶりに北海道で行う歴史的コンサートとなります。

本ツアーの発表に際し、ブライアン・メイと共にコメントを寄せたロジャー・テイラーは、「僕らの心の中で常に特別な位置を占め、最も敬意を抱く国であり続けている日本に戻れることになって、すごく胸が躍っているよ」。ロジャーはさらに、「もしかしてこれが最後かも……なんて、誰にも分からないけどね。どうなんだろう?皆さんに楽しんでもらえるような、正真正銘のスペクタクルをお届けすることを約束するよ!」と語っています。

© Miracle Productions LLP Bojan Hohnjec© Miracle Productions LLP Bojan Hohnjec

■公演詳細
2024年2月4日(日) 愛知 バンテリンドーム ナゴヤ
OPEN 16:00 / START 18:00
TICKET|GOLD席 48,000円(限定グッズ付き/物販優先レーン/専用入場口) /
SS席 25,000円 / S席 17,000円 / A席 12,000円(税込)※未就学児入場不可
一般プレイガイド発売日:10/28(土)
・お問い合わせ
サンデーフォークプロモーション052-320-9100

2024年2月7日(水) 大阪 京セラドーム大阪
OPEN 17:00 / START 19:00
TICKET|GOLD席 48,000円(限定グッズ付き/物販優先レーン/専用入場口) /
SS席 25,000円 / S席 17,000円 / A席 12,000円(税込)※未就学児入場不可
一般プレイガイド発売日:10/28 (土)
・お問い合わせ
キョードーインフォメーション 0570-200-888

2024年2月10日(土) 北海道 札幌ドーム
OPEN 17:00 / START 19:00
TICKET|GOLD席 48,000円(限定グッズ付き/物販優先レーン/専用入場口) /
SS席 25,000円 / S席 17,000円 / A席 12,000円(税込)※未就学児入場不可
一般プレイガイド発売日:10/28(土)
・お問い合わせ
キョードー札幌 011-221-0144

2024年2月13日(火) 東京 東京ドーム
2024年2月14日(水) 東京 東京ドーム
OPEN 17:00 / START 19:00
TICKET|GOLD席 48,000円(限定グッズ付き/物販優先レーン/専用入場口) /
SS席 25,000円 / バルコニー席 20,000円 / S席 17,000円 / A席 12,000円(税込)
※未就学児入場不可

* バルコニー席について
◎THE 3rd プラチナBOX(4名)80,000円
※グループでお楽しみ頂けるボックスシートになります。
※座席に座ってコンサートを鑑賞される場合、一部見えにくい場合がございますので、あらかじめご了承の上お買い求めください。
※セット販売のため、バラ売り不可となります。
◎マスBOX(4名)80,000円 
◎マスBOX(5名)100,000円 
◎マスBOX(6名)120,000円
◎マスBOX(7名)140,000円
◎マスBOX(8名)160,000円 
◎マスBOX(9名)180,000円 
◎マスBOX(10名)200,000円
※グループでお楽しみ頂ける半個室になります。
※座席に座ってコンサートを鑑賞される場合、一部見えにくい場合がございますので、あらかじめご了承の上お買い求めください。
※セット販売のため、バラ売り不可となります。

一般プレイガイド発売日:10/28(土)  
公演詳細はこちら

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事