ブロンディが8月にボックスセット『Against The Odds 1974-1982』のリリースを発表!アンボクシング・ビデオを公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

米ロックバンドのBlondie(ブロンディ)が8月26日にボックスセット『Against The Odds 1974-1982』をリリースすることを発表し、アンボクシング・ビデオを公開しました。

Blondie: Against The Odds 1974-1982 Unboxing – YouTube

『Against The Odds 1974-1982』は3枚組CD、8枚組CD、4LPブラック・デラックス、スーパー・デラックス・ブラック、スーパー・デラックス・レッド・ビニールの全5形態でリリースされます。

■3枚組CD
52のボーナストラックすべてと、頑丈なスリップケースに収められた164ページのハードカバーのミニブック。
■8枚組CD
6枚のスタジオ・アルバムすべてのレプリカと、エクストラの2枚のディスク(合計124曲)に加えて、128ページのハードカバーの本とスリップケースが特徴です。
■4LPブラック・デラックス
52のボーナストラックはすべて、128ページのハードカバーの本に寄り添い、ホイルで包まれたスリップケースの中に。
■スーパー・デラックス(ブラック/レッド・ビニール)
6枚のスタジオ・アルバムに加えて4枚を集めています。セッションアウトテイク、B面曲、デモの追加LP、1975年のAlan Betrockデモレコーディングを含む10インチ、以前は発行されていなかった1974年のリハーサルテープ、The Doors(ドアーズ)の「Moonlight Drive」の噂のカバーと「Mr. Sightseer」を含む全部で124のスタジオトラックを収録。
エリン・オズモンのライナーノーツは、デビー、クリス、クレム、ゲイリー、ジミー、フランク&ナイジェルからのセッション解説に加えて、プロデューサーのリチャード・ゴッターラーとマイク・チャップマンからのエッセイがすべて輝かしいホイルで包まれた144ページに収められて、グループのストーリーを正確に詳しく説明しています。
2番目の120ページのボリュームは、数百の画像スリーブ、45のラベル、国際的なスリーブバリアント、ソノシート、カセット、さらには8トラックを介して期間のディスクグラフィック概要を提供します。
プレオーダーはこちら

リリースに合わせて、「Moonlight Drive」が先行公開されています。

Blondie – Moonlight Drive – YouTube

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事