大ヒット!映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』サウンドトラックに続きオリジナル・スコアアルバムがリリース!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

全世界歴代興行収入第1位に輝き、それまでの映像界の常識を一変させた革命的超大作『アバター』(09)。映画の頂点を極めた巨匠ジェームズ・キャメロンが13年間心血を注いだシリーズ最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナル・サウンドトラックが映画と同日の12月16日(金)に全世界配信となりましたが、映画の大ヒットを受けて劇中のスコアを収録した『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター オリジナル・スコア』もリリースが決定、12月20日より配信となりました。

YouTubeSimon Franglen - The Way of Water (From "Avatar: The Way of Water") - YouTube

12月16日(金)についに公開を迎えた映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は全世界135の国と地域でNo.1を獲得し、日本でも週末動員ランキング洋画No.1の大ヒットスタートを記録。まさに日本中でアバター旋風を巻き起こしており、辛口なことで有名な映画サイトRotten Tomatoesでも、観客の作品評価を表すオーディエンス・スコアで94%フレッシュという高評価を記録。圧倒的な映画体験ともさることながら、これまで描かれなかった≪家族≫を軸にしたエモーショナルなストーリーで、「アバター泣いた!!」「まさかアバターで泣くとは思わなかった・・・」などなど劇場で涙した声も聞こえてきており、年末年始に向けてさらにアバター旋風が巻き起こりそうな圧倒的な高評価になっています。

今回配信が開始されたのは、映画のスコアが収録されたオリジナル・スコアアルバム。劇中で流れる全23曲が収録されており、先日発表&配信されたThe Weeknd(ザ・ウィークエンド)が手掛けた本作のテーマソング「Nothing is Lost (You Give Me Strength)」が収録されたアルバム『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター オリジナル・サウンドトラック』とは異なる構成になっています。

さらにサウンドトラックに引き続き今回のスコアも「空間オーディオ」と呼ばれるドルビー・サウンドでの配信が決定しており、Apple Music、Amazon Musicではまるで360度アバターの世界に囲まれたような音響を体験することが可能。ジャケット写真は映画のカギを握る海の生物:トゥルクンと雄大に泳ぐ印象的なワンシーンとなっています。

手掛けたのは作曲家のサイモン・フラングレン。ジェームズ・キャメロン監督がメガホンを取った映画『タイタニック』の誰もが知る名曲「My Heart Will Go On」でプロデューサーとしてグラミー賞のレコード・オブ・ザ・イヤーを受賞、同年のゴールデングローブ賞にもノミネートされ、またプロデューズした前作『アバター』のテーマソング「I See You (Theme from Avatar)」がゴールデングローブ賞、グラミー賞にノミネートされた作曲家で、これまでMichael Jackson(マイケル・ジャクソン)Whitney Houston(ホイットニー・ヒューストン)Celine Dion(セリーヌ・ディオン)など名だたるアーティストと仕事をしてきました。

一方で3D音響の第一人者でもあり、イギリス出身のプログレッシヴ・ロックの歴史を作ったと言われるピンク・フロイドから直々の指名をうけて、ロンドンのビクトリア&アルバート博物館を皮切りにアメリカ、ドイツ、スペイン、カナダなど世界6各国で行われるエキシビション「Pink Floyd: Their Mortal Remains」の3D音響のミックスを担当するなど、まさにアバターの世界を音楽で表現するのにまたとないアーティストといえます。

前作の『アバター』ではジェームズ・ホーナーとともに仕事をしていましたが、2015年のホーナーの悲劇的な死後、彼の残した仕事を引き継いでおり、過去3年間の大部分を『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の3時間のスコア作曲に費やし、ニュージーランドに赴いてジェームズ・キャメロン監督と共同作業を行ってきました。フラングレンは、2017年5月にフロリダのウォルト・ディズニー・ワールドでオープンした「パンドラ-ザ・ワールド・オブ・アバター」全体の音楽制作と新たな作曲も担当しており、2024年に公開予定の『アバター』続編にも取り組んでいます。

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター オリジナル・スコア』© 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター オリジナル・スコア』
© 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター オリジナル・サウンドトラック』© 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター オリジナル・サウンドトラック』
© 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

■作品情報
『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター オリジナル・スコア』
12/20配信スタート
ダウンロード/ストリーミング
レーベル:Hollywood Records
発売:ユニバーサル ミュージック合同会社 パートナー・レーベルズ
『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター オリジナル・サウンドトラック』 
好評配信中
ダウンロード/ストリーミング
レーベル:Hollywood Records
発売:ユニバーサル ミュージック合同会社 パートナー・レーベルズ

■トラックリスト
『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター オリジナル・スコア』
1. Leaving Home
2. Songcord Opening
3. Happiness Is Simple
4. A New Star
5. Train Attack
6. Masks Off
7. Converging Paths
8. Rescue and Loss
9. Family Is Our Fortress
10. Sanctuary
11. Into the Water
12. Training Montage
13. The Way of Water
14. Where the Men Hunt
15. Payakan
16. Mighty Eywa
17. Friends
18. Cove of the Ancestors
19. The Tulkun Return
20. The Hunt
21. Kids in Peril
22. Na'vi Attack
23. A Farewell to Arm

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター オリジナル・サウンドトラック』
1. Nothing is Lost (You Give Me Strength) - Performed by The Weeknd
2. Into The Water
3. Happiness Is Simple
4. A New Star
5. Converging Paths
6. Rescue and Loss
7. Family is Our Fortress
8. Leaving Home
9. The Way of Water
10. Payakan
11. Mighty Eywa
12. Friends
13. Cove of The Ancestors
14. The Tulkun Return
15. The Hunt
16. Na’vi Attack
17. Eclipse
18. Bad Parents
19. Knife Fight
20. From Darkness to Light
21. The Spirit Tree
22. The Songcord - Performed by Zoë Saldana

■映画情報
全世界が映像体験に驚き、感動の物語に泣いた。
全米映画批評サイトRotten Tomatoes94%(オーディエンス・スコア)他、大手映画サイトでも高得点続出! 
本年度アカデミー賞®最有力候補!
ゴールデングローブ賞 監督賞&作品賞ノミネート!
世界歴代興⾏収⼊No.1の超⼤作『アバター』が、巨匠J.キャメロン監督⾃⾝の⼿により、⼈類史上最⾼の映画シリーズとして新たな奇跡を巻き起こす。それは、「観る」の先にある“超現実”映像体験──神秘の星パンドラの⼀員となった元海兵隊員のジェイクは、ナヴィの⼥性ネイティリと家族を築き、⼦供たちと平和に暮らしていた。再び⼈類がパンドラに現れるまでは…。神聖な森を追われた⼀家は、“海の部族”の元へ⾝を寄せる。だが、この美しい海辺の楽園にも、侵略の⼿は迫っていた…。
・監督・製作・脚本:ジェームズ・キャメロン
・製作:ジョン・ランドー
・出演:サム・ワーシントン/ゾーイ・サルダナ/シガーニー・ウィーバー他 
・クレジット:© 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.
・公開日:2022年12月16日(金)全世界大ヒット上映中
・配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
ユニバーサル ミュージック パートナー・レーベルズ

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事