デヴィッド・ボウイ、7/26にデビュー・アルバムのデラックス・エディションが発売決定!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

David Bowie(デヴィッド・ボウイ)が、1967年6月1日にリリースされたデビュー・アルバム『David Bowie(デヴィッド・ボウイ)』のデラックス・エディションを7月26日にリリースすることが決定した。

David Bowie DeluxeDavid Bowie Deluxe

『デヴィッド・ボウイ』のデラックス・エディションは、CDと、ヴァージョン毎に限定トラックを収録したカラー・ヴァイナルの各フォーマットで発売でされ、シングルB面曲などが併録されるほか、ボウイのブレイクのきっかけとなったヒット曲「スペイス・オディティ」のレア・ヴァージョンも収録。このヴァージョンがアナログ盤に収録されるのは史上初めてとなる。

また、収録曲には、マイク・ヴァーノンがプロデュースしたオリジナル・アルバムのステレオ・ミックスのほか、14トラック(2CDヴァージョンには16トラック)を追加収録。その中には、プロデューサーのトニー・ヴィスコンティとボウイとの長年の協力関係における最初の成果となった楽曲群も含まれる。「レット・ミー・スリープ・ビサイド・ユー」、「カーマ・マン」、「イン・ザ・ヒート・オブ・ザ・モーニング」、「ロンドン・バイ・タ・タ」の4曲がそれにあたるのだが、そのうち「ロンドン・バイ・タ・タ」がアナログ盤に収録されるのは、今回のリイシューが初めてとなる。(各LPは輸入盤のみ発売)

当時の批評家たちによる同アルバムへの評価は次のようなものだった。NME誌はボウイの目新しいサウンドについて「どこを切っても非常に斬新だ」と賞賛し、彼自身のことを「とても有望な才能」と評した。また、メロディー・メイカー誌はこのアルバムを「優れた」プロデュースにより仕上げられた「とびきり聴き応えのある作品」と激賞。同誌はさらに、その時点でボウイがポップ・シーンにさほど大きなインパクトを与えていなかったことに驚きを示した。他方、ディスク&ミュージック・エコー誌は同作について「ロンドン在住の19歳による、創造性溢れる非凡なデビュー・アルバム」と絶賛し、ボウイ本人に関しては「注目すべき新たな才能」と断言した。

こうしたレビューからも明らかなように、今回のリイシューはボウイの初期の功績に再び光を当て、彼の先進的な芸術性を新たな世代のリスナーに知らしめることとなるだろう。

後年、ボウイはこのデビュー・アルバムについて、彼らしい自己批判を交えて次のように振り返っている。

「歌詞の面では何かになろうとして、もがいていた感じがある。"何か"とはつまり、短い物語の語り部さ。音楽的な面では、かなり奇妙な作品だ。その当時、何を目指していたのか見当もつかないよ。どうやら、そのルーツは色んなところにあるように思える。ロック、ヴォードヴィル、ミュージック・ホールとか、そういうものさ。マックス・ミラーになりたいのか、エルヴィス・プレスリーになりたいのか自分でも分かっていなかったんだ」。

こうした初期の楽曲を聴くと、キャリアをスタートさせたばかりで情熱に満ちた若きアーティストが、自信を持てる楽曲を熱心に形にしていった姿が目に浮かんでくる。デヴィッド・ボウイはこのアルバムに自らの若い心を注ぎ込み、それをしっかりと閉じ込めてみせたのである。

David Bowie

■商品情報

デヴィッド・ボウイ『デヴィッド・ボウイ【デラックス・エディション】』

デヴィッド・ボウイ
『デヴィッド・ボウイ【デラックス・エディション】』
発売日:2024年7月26日(金)発売
品番:UICY-80378/9
価格:3,960円税込
<日本盤のみ>
英文解説翻訳付/歌詞対訳付
SHM-CD仕様
予約はこちら

■『デヴィッド・ボウイ【デラックス・エディション】』トラックリスト
CD1:ステレオ・ミックス
1. アンクル・アーサー
2. セル・ミー・ア・コート
3. ラバー・バンド
4. 愛は火曜まで
5. 幸福の国
6. ウィ・アー・ハングリー・メン
7. 僕の夢がかなう時
8. 哀れな砲撃手
9. 愚かな少年
10. マーケット・スクエアの玩具売り
11. 仲間になれば
12. 勲章をもらった女
13. ボンド・ストリートの娘達
14. グレイヴディガー(墓掘り人)
CD2:
1. ラバー・バンド シングル・ヴァージョン、モノ
2. ロンドン・ボーイズ モノ
3. ラフィング・ノーム シングル・ヴァージョン、2010年ステレオ・ミックス
4. ゴスペル・アコーディング・トゥ・トニー・デイ
シングル・ヴァージョン、2010年ステレオ・ミックス
5. 愛は火曜まで シングル・ヴァージョン
6. ディド・ユー・エヴァー・ハヴ・ア・ドリーム
シングル・ヴァージョン、2010年ステレオ・ミックス
7. 僕の夢がかなう時 シングル・ヴァージョン、モノ
8. レット・ミー・スリープ・ビサイド・ユー ステレオ・ミックス
9. カーマ・マン ステレオ・ミックス
10. イン・ザ・ヒート・オブ・ザ・モーニング ステレオ・ミックス
11. ロンドン・バイ・タ・タ モノ
12. 僕が5才の時 『ラヴ・ユー・ティル・チューズデイ』サウンドトラック・ヴァージョン、モノ
13. チンガ・リング フル・レングス・ヴァージョン、ステレオ・ミックス
14. ラフィング・ノーム ヴォーカル・テイク・ワン/ミックス・ワン、モノ
15. セル・ミー・ア・コート リミックス、モノ
16. スぺイス・オディティ
『ラヴ・ユー・ティル・チューズデイ』フル・レングス・ヴァージョン、モノ

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事