映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』サントラ配信開始。映画は5/10日本劇場公開決定

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Bob Marley(ボブ・マーリー)の伝記映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』の海外公開(2月14日)に先んじて、本映画のサウンドトラックがデジタルでリリース。日本では5月10日に劇場公開されることが発表されています。

映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』海外版本予告 – YouTube

ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズによる『One Love: Original Motion Picture Soundtrack』は、レゲエ界の伝説であるボブ・マーリーの最もよく知られた楽曲であり映画にも登場する17曲で構成されており、「War / No More Trouble (Film Version)」と「So Jah Seh (Film Version)」の2曲は今回が初出の音源となっています。

このサントラは、ボブ・マーリーのアルバム『Legend』『Exodus』『Catch A Fire』『Burnin’』のミックスも手がけたニック・ライヴスが、ボブ・マーリーのエステイトとともにドルビーアトモス(空間オーディオ)でミックスされた音源も配信。日本ではApple MusicとAmazon Musicにて配信されているドルビーアトモス音源によって、ファンはお気に入りのボブ・マーリーの名曲の細部に至るまで、信じられないほどの深みと明瞭さを体験することができるようになりました。

映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』は、70年代にアイランド・レコードで録音された名曲や、ジャマイカのレゲエを国際的なステージに押し上げたシンガー・ソングライター、ボブ・マーリーの人生とレガシーを探る物語。映画は彼の人生における極めて重要で激動の時期に焦点を当てており、1976年12月でのジャマイカ・キングストンのボブ・マーリーの自宅での殺人未遂事件、その2日後に行われた無料コンサート「スマイル・ジャマイカ」への出演、名作アルバム『Exodus』を録音するための英国滞在、そして1978年4月の「ワン・ラブ・ピース・コンサート」でのジャマイカのステージへの劇的な復帰といった逆境を乗り越えたボブの力強い物語と、革命的な音楽の背景などが描かれています。

ボブ・マーリーの息子であるこの映画のプロデューサーの一人でもあるジギー・マーリーはこの映画について、「ボブの音楽は、意識と団結と愛のメッセージに満ちています。彼の言葉や生き方は、常に人々を鼓舞してきました。この映画で父のストーリーを皆さんと共有し、彼の音楽で彼のメッセージを伝え続けられることを誇りに思います」と語っています。

また、2月14日には、Daniel Caeser(ダニエル・シーザー)Kacey Musgraves(ケイシー・マスグレイヴス)Wizkid(ウィズキッド)、Leon Bridges(リオン・ブリッジズ)、Jessie Reyez(ジェシー・レイエズ)、Bloody Civilian(ブラッディ・シビリアン)、そしてマーリーの孫Skip Marley(スキップ・マーリー)らが新たに録音したボブ・マ―リーの楽曲が7曲収録されたEP『One Love (Music Inspired by the Film)』も配信されることが決定しています。

『ボブ・マーリー:ONE LOVE』『ボブ・マーリー:ONE LOVE』

■商品情報

ボブ・マーリー・アンド・ザ・ウェイラーズ『One Love: Original Motion Picture Soundtrack』

ボブ・マーリー・アンド・ザ・ウェイラーズ
『One Love: Original Motion Picture Soundtrack』
2024年2月9日配信
楽曲視聴・配信はこちら

■『One Love: Original Motion Picture Soundtrack』トラックリスト
1. Get Up, Stand Up
2. Roots, Rock, Reggae
3. I Shot The Sheriff
4. No More Trouble
5. War / No More Trouble (Film Version)
6. So Jah Seh (Film Version)
7. Natural Mystic
8. Turn Your Lights Down Low
9. Exodus
10. Jamming
11. Concrete Jungle
12. No Woman, No Cry (Live at the Rainbow, 4th June, 1977)
13. Three Little Birds
14. Redemption Song
15. One Love/People Get Ready
16. Is This Love
17. Rasta Man Chant

Various Artists『BOB MARLEY: ONE LOVE (MUSIC INSPIRED BY THE FILM)』

Various Artists『BOB MARLEY: ONE LOVE (MUSIC INSPIRED BY THE FILM)』
2024年2月14日配信
ダウンロード/ストリーミング

■『BOB MARLEY: ONE LOVE (MUSIC INSPIRED BY THE FILM)』トラックリスト
1. Bloody Civilian / Natural Mystic
2. Skip Marley / Exodus
3. Daniel Caesar / Waiting in Vain
4. Kacey Musgraves / Three Little Birds
5. Wizkid / One Love
6. Jessie Reyez / Is This Love
7. Leon Bridges / Redemption Song

■映画情報
映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』
2024年日本公開
<イントロダクション>
“何も心配ないさ。すべてはうまくいく” 「ロックの殿堂」入りも果たした伝説のミュージシャン、ボブ・マーリー。ジャマイカ初の世界的トップスターの苦悩と葛藤を、夢と希望、愛と歓びに満ちた名曲の数々と共に描く真実の物語。
<キャスト>
キングズリー・ベン=アディル(『あの夜、マイアミで』)
ラシャーナ・リンチ(『キャプテン・マーベル』)
<監督>
レイナルド・マーカス・グリーン(『ドリームプラン』)
公式HP
公式X
全米公開:2024年2月14日
日本公開:2024年
© 2024 PARAMOUNT PICTURES

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事