スラッシュが単独名義では14年ぶりとなる新作カヴァー・アルバム『Orgy of the Damned』をリリース!デミ・ロヴァートを迎えた「Papa Was a Rolling Stone」のミュージック・ビデオも公開

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Slash(スラッシュ)が単独名義では14年ぶりとなる新作カヴァー・アルバム『Orgy of the Damned』をリリース。収録曲からDemi Lovato(デミ・ロヴァート)を迎えた「Papa Was a Rolling Stone」のミュージック・ビデオも公開となった。

YouTubeSlash feat. Demi Lovato - "Papa Was A Rolling Stone" - YouTube

公開されたミュージック・ビデオでは70年代のデトロイトなどの古い映像を使用し、スタジオ・セッションの様子を組み合わせた構成となっている。

今作はThe Undisputed Truth(ザ・アンディスピューテッド・トゥルース)の1972年の楽曲のカヴァーとなっており、スラッシュは「この曲は、ある種のブルース・カバー・レコードとしては最も中心より左寄りの曲です。なぜなら、この曲はザ・テンプテーションズの曲であり、まさにR&Bだからです」と述べている。

続けて、「1972年から、この曲を聴いて育ちました。僕が子供の頃、70年代初期にはとても人気のある曲でした。クールな曲で、それ自体が冒険のようなものです。オリジナルバージョンはとても長くて、10分以上もあるんです。素晴らしいインストゥルメンタルアレンジが施されていて、曲全体が本当に素晴らしい。90年代にSnakepitというバンドでジョニー・グリパリック(ベースプレイヤー)と一緒にジャムセッションをしていたときにも、この曲をよく演奏していました。だからこそ、デミにこの曲をやってもらいたかったんです。曲のテーマは、不在の父親の不愉快な習慣についてで、最終的にはその父親が亡くなるという内容です。子供たちが母親に『僕たちが会ったことのない父さんについての話を聞かせて』と尋ねるという、非常に暗くて個人的なテーマです。だから、この曲をカバーするには単にカバーするだけではなく、何らかの形でそのテーマに共感できる必要があります。」とコメント。

デミ・ロヴァートとは数年前から友人関係にあったことも明かし「彼女にこの曲を歌ってほしかったんです。彼女の声は本当に若くて力強くて、完全に無垢なわけではないけど、ほとんど子供のような質感があります。彼女にこの曲をお願いしたのは、デミが過去に興味深い経験をしてきたことを知っていたからで、彼女もすぐにそのアイデアに飛びつきました。どう反応するかは全くわからなかったけど、デミは曲の意味を完全に理解して共感してくれました。デミがスタジオに来て素晴らしいパフォーマンスを見せてくれて、本当に楽しかったです。」と述べている。

デミ・ロヴァートは今回のカヴァーについて、「スラッシュは伝説的な才能であり、私が長年知っている友人なので、彼のプロジェクトで再び彼とコラボレーションできることに興奮しました」と語った。

加えて、「彼がスタジオにいるときには、本当に素晴らしいエネルギーをもたらしてくれました。この象徴的な曲を一緒に再構築するのは、努力することなく楽しいものでした。彼はこの曲に対してとても明確なビジョンを持っていて、私の物語を尊重したいと思ってくれたことに感謝しています。私たちが作り上げたものを本当に誇りに思います!」と述べている。

『Orgy of the Damned』では他にも、Gary Clark Jr.(ゲイリー・クラーク・ジュニア)、Billy Gibbons(ビリー・ギボンズ)、Chris Stapleton(クリス・ステイプルトン)、Dorothy(ドロシー)、Iggy Pop(イギー・ポップ)、Paul Rodgers(ポール・ロジャース)、Brian Johnson(ブライアン・ジョンソン)、Chris Robinson(クリス・ロビンソン)、Tash Neal(タッシュ・ニール)、Beth Hart(ベス・ハート)を含む様々なミュージシャンや歌手との共同ブルース・カバー・プロジェクトである。

■『Orgy of the Damned』トラックリスト
1. The Pusher (ft. Chris Robinson)
2. Crossroads (ft. Gary Clark Jr.)
3. Hoochie Coochie Man (ft. Billy Gibbons)
4. Oh Well (ft. Chris Stapleton)
5. Key to the Highway (ft. Dorothy)
6. Awful Dream (ft. Iggy Pop)
7. Born Under a Bad Sign (ft. Paul Rodgers)
8. Papa Was a Rolling Stone (ft. Demi Lovato)
9. Killing Floor (ft. Brian Johnson)
10. Living for the City (ft. Tash Neal)
11. Stormy Monday (ft. Beth Hart)
12. Metal Chestnut

■楽曲リンク
・Slash
→『Orgy of the Damned

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事