リンキン・パークのこれまでのキャリアを総括したアルバム『Papercuts (Singles Collection 2000-2023)』が4月12日に全世界同時発売決定!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Linkin Park(リンキン・パーク)が4月12日にリリースすることを発表した、これまでに発表してきた重要な代表曲を一つにまとめあげる、バンド史上初となるキャリアを総括したグレイテスト・ヒッツ・アルバム『Papercuts (Singles Collection 2000-2023)(ペイパーカッツ(シングルス・コレクション2000-2023))』の日本盤CDも4月12日にリリースされることが発表されました。今作は全音楽ストリーミング・サービスで配信となり、同時にCDや2枚組アナログ盤を含む様々な形態で発売となります。
『ペイパーカッツ(シングルス・コレクション2000-2023)』の予約はこちらから

© James-Minchin© James-Minchin

2020年発表の『ハイブリッド・セオリー 20周年記念盤』と昨年の『メテオラ:20周年記念盤』のリリースに対するファンの熱狂的な反応は、最終的に彼らが『Papercuts』を構成する楽曲たちを慎重にキュレートして一つにまとめ上げる、という原動力に。『Papercuts』は、「Crawling(クローリング)」や「Somewhere I Belong(サムホエア・アイ・ビロング)」といった楽曲から、人気の高いレア音源「Qwerty(クワーティ)」といった楽曲に焦点を当てながら、作品ごとの時代におけるバンドのこれまでの旅を振り返るベスト盤。

クラシックな名曲たちに加え、リンキン・パークは「Friendly Fire(フレンドリー・ファイヤー)」という名の未発表音源を発表。彼らにとって7枚目のアルバムとなる『One More Light(ワン・モア・ライト)』の制作にむけた2017年のセッション期間中にレコーディングされたこの楽曲は、今は亡きChester Bennington(チェスター・ベニントン)の力強いヴォーカルが印象的な一曲。シネマティックで感動的なメロディと繊細なビートが叙情的なヴァースを際立たせ、軽快なギターのサウンドが、「We’re pulling apart for no reason, we’re pulling a trigger in a useless war…what are we fighting for. (理由もなく俺たちはバラバラに引き裂かれ、無駄な争いの引き金を引いていく…何のため俺たちは戦っているのか)」とうたう内省的なコーラスを盛り上げます。この一曲に、リンキン・パークたる所以の彼ら独特のスタイル、ソウル、そしてスピリットが体現されています。

「Friendly Fire」についてギターのBrad Delson(ブラッド・デルソン)は「“Friendly Fire”は『One More Light』時のセッションで収録した楽曲の中で、常に俺たちのお気に入りの一曲だった。最終制作段階に近づくにつれて何かがしっくり来なくて、一旦この楽曲を脇に置いたんだ。今回グレイテスト・ヒッツ・コレクションに収録する未発表音源を探し始めて、楽曲の力強さ、ストーリー性の力強さ、ヴォーカルの力強さ、そしてそのサウンドスケープに圧倒された。多分、当時俺たちが感じていたよりもはるかに、目指していたところの近くにいたんだっていうことに実は気づいたんだ。俺たちは皆で楽曲に取り掛かって、『One More Light』のレコーディング中にはどんな理由があっても表に出ることのなかった失われたピースを繋ぎ合わせていった。皆が楽曲を聴くのが楽しみだ。本当に美しく、力強く、切なくも、希望に満ち溢れたストーリーがあって、今日の自分の心にも本当に響く一曲だよ」と付け加えています。

Mike Shinoda(マイク・シノダ)は、「リンキン・パークのそれぞれのアルバム制作において言えることだけど、僕は一曲一曲の全てを愛し、尊び大事にしたいんだ。どの楽曲もそれぞれが世界で聴いてもらえるような曲になってほしい。そうなったらすごく誇りに思えることだし、そしてその曲がリスナーの心にも根付いていって、僕たちと結び付けてくれるエネルギーの一部になってほしいんだ。『Papercuts』のために楽曲をキュレートするのは大きな喜びだったね。収録曲の一つ一つが、僕たちのタイムラインの中で特別な瞬間であり、同時に、絶え間なく進化していくストーリーでもある。それと同時に、君たちにとってと同じくらい、僕たちにとっても意味のあるものなんだ。僕たちの最初のリリース“One Step Closer(ワン・ステップ・クローサー)”から最新の“Friendly Fire”まで、このトラックリストは僕たちのこれまでのチャプター全てを網羅している。皆が、僕たちが旅を続ける理由の一つであることに感謝するよ。『Papercuts』を楽しんでくれると嬉しいな」とコメントしています。

Linkin Park – Friendly Fire – YouTube

さらに嬉しいことに、「In The End(イン・ジ・エンド)」が全米レコード協会より1,000万以上の売上を誇る作品に贈られるダイヤモンド・ディスクの認定を受けたばかり。バンドの楽曲において最も多くの再生回数を誇り、Spotifyにおいて18億回、ミュージック・ビデオのYouTube再生数は17億回を誇り、ひときわ目立つ存在。これはバンドのシングル曲の中で初めてのダイヤモンド・ディスクを獲得した楽曲。そして、12 x プラチナム・ダイヤモンド・ディスクを獲得したデビュー・フル・アルバム『ハイブリッド・セオリー』をさらに輝かしいものにしました。

2023年、リンキン・パークは『メテオラ:20周年記念盤』を世に送り出しました。アルバムは、ビルボードのトップ・ハード・ロック・アルバム・チャート、トップ・ロック・アルバム・チャート、トップ・カタログ・アルバム・チャート、そしてトップ・ヴァイナル・アルバム・チャートにおいて1位を獲得した上に、トップ・アルバム・セールス・チャートではトップ3に輝き、ビルボードのアルバム・チャートにおいては8位とトップ10入りを果たしました。言わずもがな、シングル「Lost(ロスト)」は2023年度における最大のロック・ソングとして飛び出し、バンドのこの10年において、ビルボードのロック&オルタナティブ・エアプレイ・チャートでの初めての初登場1位を獲得した曲に。同時に、ビルボード・シングル・チャートにおいては、2012年以来バンド史上最高位となる38位を記録。その勢いは止まることなく、Spotifyでは1億6,600万回の再生数を記録し、その圧巻のミュージック・ビデオはYouTubeで7,800万回の再生回数を記録しました。『メテオラ:20周年記念盤』は、ニューヨーク・タイムズ、フェーダー、ハワード・スターン・ショー、KROQなど多くのメディアが、バンドの歴史を誇る作品として記録し、華々しくそのアニヴァーサリーを祝しています。

CD PackShotCD PackShot

BLACK VINYL PackShotBLACK VINYL PackShot

CASSETTE PcakShotCASSETTE PcakShot

■商品情報

リンキン・パーク『ペイパーカッツ(シングルス・コレクション 2000-2023)』

リンキン・パーク
『ペイパーカッツ(シングルス・コレクション 2000-2023)』
2024年4月12日 世界同時発売
WPCR-18666(国内盤:CD)
定価\2,970 / 税抜価格 2,700円
[日本盤のみ]
●解説・歌詞・対訳付
●特典:ステッカー封入予定

■『ペイパーカッツ(シングルス・コレクション 2000-2023)』トラックリスト
1. クローリング
2. フェイント
3. ナム/アンコール
4. ペイパーカット
5. ブレイキング・ザ・ハビット
6. イン・ジ・エンド
7. ブリード・イット・アウト
8. サムホエア・アイ・ビロング
9. ウェイティング・フォー・ジ・エンド
10. キャッスル・オブ・グラス
11. ワン・モア・ライト
12. バーン・イット・ダウン
13. ワット・アイヴ・ダン
14. クワーティ
15. ワン・ステップ・クローサー
16. ニュー・ディヴァイド
17. リーヴ・アウト・オール・ザ・レスト
18. ロスト
19. ナム
20. フレンドリー・ファイヤー

■リンク
オフィシャルHP
Facebook
Instagram
X
Youtubeチャンネル
TikTok
WMJサイト

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事