ソフィア・カーソンが主演、歌唱、作詞、製作総指揮を担当したNetflix新作映画『パープル・ハート』のオリジナル・サウンドトラックが配信開始!映画、サントラ共にすでに世界各国でTOP10入りを記録!

2022年3月、アーティスト・デビューから約6年もの時を経て、待望のデビュー・アルバムをリリースし、女優/シンガー/ソングライター/ユニセフのアンバサダーなどマルチに大活躍するSofia Carson(ソフィア・カーソン)。そんな彼女が主演、歌唱、製作総指揮、サウンドトラックの作詞に携わったNetflix新作映画『パープル・ハート』のオリジナル・サウンドトラックが映画の配信に合わせてリリースされました。

Purple Hearts | Official Trailer | Netflix - YouTube

映画が配信されるや否や日本、アメリカ、スペイン、フランスなど、世界各国でNetflixの『今日の映画TOP10』入りを記録。また、オリジナル・サウンドトラックはアメリカのiTunesアルバム・チャートでビヨンセの新作に次ぐ2位を記録し、アメリカやヨーロッパの国のiTunesサウンドトラック・チャートで1位を記録しました。

Netflix映画でソフィアが主演を務めるのは、映画『フィール・ザ・ビート』(2020)以来の2度目のことで、本作『パープル・ハート』では、「今後より挑戦してみたいこと」と語る製作総指揮も務め、さらに、ジャスティン・ビーバー、イマジン・ドラゴンズ、レディ・ガガ等のヒット曲を作詞し、ソフィアのデビュー・アルバムも手掛けたグラミー賞ノミネート・プロデューサー、ジャスティン・トランターらと共にサウンドトラックの作詞も担当しています。

本作のソングライティングについて、ソフィアは日本のインタビューで次のように語っています。

「私の人生で、最もエキサイティングで充実した体験のひとつであり、同時に一番怖い体験でもありました。実際に曲を書き始める前に、3年かけて、私が演じる主人公のキャシーというキャラクターを練り、この映画そのものの企画を進めてきました。だから私は長い間、キャシーについて色々想像を膨らませ、どんな音楽にするべきか思い描いていたのです。だから曲作りを始めるにあたって、自分自身を一旦忘れて、全てをキャシーに注いで、彼女になり切らなければならないと思いました。彼女の考えや恐れやソウルや音楽に注がなければならなかったのです。今回はジャスティンと共作したのですが、ほかにも素晴らしいコラボレーターたちの力を借りてキャシーの音楽を作り上げました。しかも、インディ・ロックという自分にとって全く新しいジャンルの音楽に挑戦しました。今まで一度も歌ったことがないジャンルでした。このプロセスを通じて私は、自分が完全にキャシーになれたように感じます。彼女について知り尽くし、これまでに演じたキャラクターとは異なる体験をしました。ある意味で、キャシーの音楽を作ることで、彼女のハートを描いた気がします。」

また、ソフィア演じる役キャシーについては、「共通項もたくさんあり、キャシーもラウドな女性になるように育てられました。自分の信条を貫くことを恐れない女性になるように。そして、お手本的存在であるすごくパワフルな母親に育てられました。そういう出自は私と似ています。でも、その一方で違う部分もたくさんあって、みんなにキャシーを知ってもらいたいです。彼女になり切るために、本当に自分から距離を置かなくてはいけなくて、それはすごくエキサイティングでした。」とコメントしています。

主人公キャシー(ソフィア・カーソン)が海兵隊員としてイラクへ出兵された夫のルーク(ニコラス・ガリツィン)へ贈るエモーショナルな劇中歌「Come Back Home」など全8曲収録されたサウンドトラックはソフィア・カーソンのYouTubeチャンネルでも音源が公開されています。
『Purple Hearts』再生リスト

■商品情報

ソフィア・カーソン『パープル・ハート オリジナル・サウンドトラック』

パープル・ハート オリジナル・サウンドトラック
ソフィア・カーソン
試聴・ダウンロードはこちら

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。