エンパイア・ステイト・バスタード、デビュー・アルバム『Rivers Of Hersey』をリリース!Dave Lombardo (Slayer)がドラムとして参加!

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Biffy Clyro(ビッフィ・クライ)のSimon Neil(サイモン・ニール)とMike Vennart(マイク・ヴェナート)によるエクストリーム・メタル・バンドEmpire State Bastard(エンパイア・ステイト・バスタード)が2023年9月1日(金)にデビュー・アルバム『Rivers Of Hersey(リヴァース・オブ・ヘレシー)』をリリース。国内盤CDには歌詞対訳、解説とボーナス・トラックが収録されています。

Photo Credit Gavin SmartPhoto Credit Gavin Smart

Mike Vennart(マイク・ヴェナート)は本アルバムについて、「最も有毒で下品な音楽を作ることを決めていた。憎しみが完全に音楽という形にされた感じ。」とコメント。Simon Neil(サイモン・ニール)は「最も悲観的で虚無的な音楽を作った。」と語っています。

エンパイア・ステイト・バスタードは、Siege, Melvins, Mike PattonそしてもちろんあのSlayerから影響を受けたバンド。サイモン・ニールとマイク・ヴェナートの理想のバンドを作るためには最高のバンド・メンバーを見つける必要がありました。バンド・メンバーを見つけることに苦労していた彼ら、もはやDave Lombardo (Slayer, Fantomas, Suicidal Tendencies)本人に声をかけ、バンド・メンバーとして加入。そしてベースとしてBitch FalconのNaomi Macleodがバンドをジョインすることによりバンドは完成。

デビュー・アルバム『Rivers Of Hersey』は様々なメタルの様子を含む作品に仕上がっており、まるでSiegeとSlayerがコラボレーションしたかのような楽曲(「Stutter」、「Palm of Hands」)、カオスとグランドコアが交わる楽曲(「Blusher」、「Sold」)、スローモーションでストーナー・ロックな楽曲(「Sons and Daughters」)、最も衝撃を受けるであろう楽曲(「Tired, Aye?」)等々が収録されています。

楽曲のみならず、サイモン・ニールはシャウトからMorbid AngelやMayhemのようなグロウルの歌声にも注目必須。

エンパイア・ステイト・バスタードは2023年にUKのDownload Festival、その他HellfestやWacken等ヨーロッパの大型メタル・フェスティバルに今年出演し、話題のバンドです。

■商品情報

Empire State Bastard『Rivers Of Hersey』

■アルバム情報
アーティスト:Empire State Bastard / エンパイア・ステイト・バスタード
アルバム名:Rivers Of Hersey / リヴァース・オブ・ヘレシー
リリース:2023年9月1日(金)
国内CDの情報:WPCR-18628、\3,080(税込)
※ボーナス・トラック収録
ダウンロード/ストリーミング

■『Rivers Of Hersey』トラックリスト
1. Harvest
2. Blusher
3. Moi?
4. Tired, Aye?
5. Sons and Daughters
6. Stutter
7. Palms of Hands
8. Dusty
9. Sold!
10. The Looming
11. Tired, Naw? *ボーナス・トラック

■リンク
ホームページ
Facebook
X
Instagram
YouTube
ワーナーミュージック・ジャパン

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事