ロッド・スチュアート、ジュールズ・ホランドとコラボレーション・ア ルバム『Swing Fever』の国内盤CDが2024/3/13に発売決定

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

レジェンド・ロック・スターのRod Stewart(ロッド・スチュアート)が、伝説のピアニストのJools Holland(ジュールズ・ホランド)とのコラボで2024年2月23日(金)にリリースされる新作アルバム『Swing Fever』の国内盤CDが来日公演の直前となる2024年3月13日(水)に発売されることが決定しました。

Credit Jonas MohrCredit Jonas Mohr

『Swing Fever』は、パンデミックの時期に制作を開始した作品で、ビッグ・バンド時代の名曲が13曲収録されています。

ジュールズ・ホランドはアルバムについて、「クリスマスに出かけるために荷造りをしていたところ、ロッド・スチュアートから電話がかかってきた。それまではあまり長々と話したことがなかった。「ロッドが大好きだ、なんてエキサイティングだ」って思っていら、ロッド・スチュアートは「レコードをやりたい」って言ってくれた。僕はずっとロッド・スチュアートのファンだったんだけど、昔の音楽を聴いて、僕らは同じものが好きだったんだって気づいたんだ」とコメント。

またロッド・スチュアートはアルバムについて、「すでにスウィング・アルバムを作り始めていたんだけど、思い通りにはならなかったんだ。そこで私が行くべき男はジュールズだと気づいてお誘いした。かれも熱狂的な鉄道模型のファンでもあるんだ。」と語っています。

先行してアルバムから新曲「Almost Like Being In Love」が先週から配信スタート。Alan Jay Lerner(アラン・ジェイ・ラーナー)とFrederick Loewe(フレデリック・ロウ)が制作した楽曲であり、Frank Sinatra(フランク・シナトラ)とNat King Cole(ナット・キング・コール)で有名になった作品。ミュージック・ビデオも公開されており、ロンドンのセント・パンクラス駅にサプライズで登場し、バンドと共にパフォーマンスする様子が収められています。

Rod Stewart with Jools Holland – Almost Like Being in Love – YouTube

ロッド・スチュアートは、世界中で2億5000万枚以上のアルバムが販売されているベストセラーアーティストの1人。彼の特徴的な声、スタイル、ソングライティングは、ロック、フォーク、ソウル、R&B、さらにはグレート・アメリカン・ソングブックまで、ポピュラー音楽のあらゆるジャンルを超越しています。

ロックの殿堂入り2回、作詞作曲部門ASCAPファウンダーズ賞、ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー作家、グラミー™賞のリビング・レジェンドなど、業界最高峰の賞を数え切れないほど受賞し、2016年には音楽と慈善活動への貢献が認められ、バッキンガム宮殿でナイトの称号を授与され、正式に「ロッド・スチュワート卿」となりました。

来年3月には約13年ぶりの来日公演も決まっています。
2024年3月20日(水)有明アリーナ(東京)
来日公演の詳細はこちら

■商品情報

Rod Stewart with Jools Holland『Swing Fever』

アーティスト:Rod Stewart / ロッド・スチュアート
アルバム:『Swing Fever / スウィング・フィーヴァー』
デジタル・リリース:2024年2月23日(金)
国内盤CDの発売:2024年3月13日(水)
国内盤CDの情報:WPCR-18658、3,300円(税込み)
※特典につきましては後日発表
予約はこちら

■『Swing Fever』トラックリスト
1. Lullaby Of Broadway
2. Oh Marie
3. Sentimental Journey
4. Pennies From Heaven
5. Night Train
6. Love Is The Sweetest Thing
7. Them There Eyes
8. Good Rockin’ Tonight
9. Ain’t Misbehavin’
10. Frankie And Johnny
11. Walkin’ My Baby Back Home
12. Almost Like Being In Love
13. Tennessee Waltz

■リンク
オフィシャルサイト
Instagram
X
Facebook
YouTube
Warner Music Japan

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事