The 1975、デビュー・アルバム『The 1975』の発売から10周年を記念し、日本独自企画商品7インチレコードBOX『(2013 – 2023) Singles』を12/15に発売

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

今年2023年9月、デビュー・アルバム『The 1975』がリリースから10周年を迎えたThe 1975。またバンドは今年、4月~5月にかけて4都市にて全5公演(全公演ソールドアウト)開催したバンド史上最大規模のジャパン・ツアーを大成功に収めたと同時に、彼らの初来日(サマーソニック2013出演/原宿アストロホール単独公演)からも10年の月日が流れました。そんなThe 1975の記念すべき10周年を日本から祝すために、日本独自企画商品、7インチレコードBOX『(2013 – 2023) Singles』が12月15日に発売される事が決定しました。

The 1975 Credit by Samuel BradleyThe 1975 Credit by Samuel Bradley

バンドのフロントマンであるマシュー・ヒーリーが、日本のファンにとって大切な楽曲を、全5作のアルバムから、各2曲を選曲。各アルバム・ジャケットのイメージ・カラー(Vinyl 1:クリア、Vinyl 2:ピンク、Vinyl 3:白、Vinyl 4:黄色、Vinyl 5:青)の7インチレコードに選曲された楽曲が収録されています。

Vinyl_1_ClearVinyl_1_Clear

Vinyl_2_PinkVinyl_2_Pink

Vinyl_3_WhiteVinyl_3_White

Vinyl_4_YellowVinyl_4_Yellow

Vinyl_5_BlueVinyl_5_Blue

■商品情報

The 1975『(2013 - 2023) Singles』

発売日:2023年12月15日
タイトル:『(2013 – 2023) Singles』
品番:UIKP-9001
価格:13,200円(税込)
<商品形態>
7インチレコード(カラー・ヴァイナル仕様)5枚組ボックス・セット
予約はこちら

■収録楽曲
VINYL 1: 『THE 1975』
A: チョコレート / B: ロバーズ
VINYL 2: 『君が寝てる姿が好きなんだ。なぜなら君はとても美しいのにそれに全く気がついていないから。』
A: サムバディ・エルス / B: シーズ・アメリカン
VINYL 3: 『ネット上の人間関係についての簡単な調査』
A: イッツ・ノット・リヴィング(イフ・イッツ・ノット・ウィズ・ユー) / B: ギヴ・ユアセルフ・ア・トライ
VINYL 4: 『仮定形に関する注釈』
A: ザ・バースデー・パーティー / B: イフ・ユーア・トゥー・シャイ(レット・ミー・ノウ)
VINYL 5: 『外国語での言葉遊び』
A: パート・オブ・ザ・バンド / B: アイム・イン・ラヴ・ウィズ・ユー

■The 1975 アーティスト情報
The 1975は2002年にマンチェスターにて結成。ユニークなサウンド・アプローチで熱烈なファン・ベースを築き上げ、同世代を代表するバンドの一つとしての地位を確立している。2022年10月にリリースした最新アルバム『外国語での言葉遊び』(Being Funny In A Foreign Language)を含むアルバム5作全てが連続で全英アルバム・チャート1位を獲得。
毎年東京・大阪で開催されている、ロック・フェスティバル「サマーソニック」には過去5回出演しており、2013年(SONIC STAGE)、2014年(MARINE STAGE)、2016年(SONIC STAGEトリ)、2019年(MARINE STAGE 2ndヘッドライナー)、そして2022年には初めてのヘッドライナーでの出演を果たした。そして今年4月には、キャリア最高潮にして迎えた、バンド史上最大規模のジャパン・ツアー【THE 1975 AT THEIR VERY BEST JAPAN 2023】を大成功に終え、東京・横浜・名古屋・大阪の4都市にて開催された全5公演のチケットは完売(一部追加席の販売あり)、計4万2千人を動員する大規模なツアーとなった。また同時期に東京・原宿で開催したポップアップショップは連日長蛇の列が出来るなど、大盛況となった。

■リンク
公式 HP
日本公式 HP
日本公式 LINE
Twitter
Instagram
TikTok
YouTube

WRITER

洋楽まっぷ管理者。米・英の音楽チャートなどのデータを好み、70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識を持つ。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。

人気記事