スティングが最新作『The Bridge』のスーパー・デラックス・エディション発売決定!パリのパンテオンで演奏したライヴ録音6曲を含むCDが付いた2枚組

グラミー賞受賞17回を誇るSting(スティング)の最新アルバム『The Bridge(ザ・ブリッジ)』のスーパー・デラックス・エディションが6月17日にリリースされることが決定しました。

Sting(スティング)Sting(スティング)

『The Bridge』は昨年11月19日にリリース。その比類なきキャリアを通じて探求されてきた様々なスタイルやジャンルを反映した、スティングの真髄といえるサウンドが展開され、作曲家としての多才で多様な能力が最大限に示されている。パンデミックによるロックダウン中に制作/録音されたこのアルバムは、世界中の人々を音楽の旅に連れ出しました。

昨年フランスのラジオ局FIP創立50周年企画の一環として、パリの歴史的建造物パンテオンで、フーコーの振り子の下で演奏したライヴから6曲と、先日配信リリースされた「ポル・ス・アモール feat. KURT」(『ザ・ブリッジ』収録曲「フォー・ハー・ラヴ」のスペイン語ヴァージョン)を収録したCDが付いた2枚組でリリースされます。日本盤には「ポル・ス・アモール」のスティングのみのヴァージョンがボーナス・トラックとして追加収録され、折込ポスターが封入されます。

STING & KURT - Por Su Amor - YouTube

パンテオンでの約30分間のライヴ映像はArte Concert のウェブサイトで公開されていましたが、現在までに500万回以上再生されています。5月30日にはフランスとドイツのArte TVで放送される予定。

スティングは現在北米で「マイ・ソングス・ツアー」中。6月21日にはヨーロッパでのツアーが開始、フェスティバル出演も予定されています。

Sting The Bridge (Super Deluxe Edition) 展開図Sting The Bridge (Super Deluxe Edition) 展開図

■商品情報

スティング『ザ・ブリッジ(スーパー・デラックス)』

スティング『ザ・ブリッジ(スーパー・デラックス)』
Sting / The Bridge (Super Deluxe Edition)
発売日:2022年6月17日
価格:3,850円(税込)
商品番号:UICY-16080/1

■商品仕様
日本盤ボーナス・トラック2曲収録(*)/スティングによるライナーノーツ掲載(日本語訳付)
日本盤のみSHM-CD仕様/折込ポスター封入
ご予約はこちら

■収録曲
CD 1:ザ・ブリッジ
1.Rushing Water / ラッシング・ウォーター
2.If It’s Love / イフ・イッツ・ラヴ
3.The Book of Numbers / ザ・ブック・オブ・ナンバーズ
4.Loving You / ラヴィング・ユー
5.Harmony Road / ハーモニー・ロード
6.For Her Love / フォー・ハー・ラヴ
8.The Hills on the Border / ザ・ヒルズ・オン・ザ・ボーダー
8.Captain Bateman / キャプテン・ベイトマン
9.The Bells of St. Thomas / ザ・ベルズ・オブ・セント・トマス
10.The Bridge / ザ・ブリッジ
11.Waters of Tyne / ウォーター・オブ・タイン
12.Captain Bateman’s Basement / キャプテン・ベイトマンズ・ベースメント
13.(Sittin’ on) The Dock of the Bay / ドック・オブ・ベイ
14.I Guess the Lord Must Be in New York City / 孤独のニューヨーク *

CD 2:FIPセッション・ライヴ・イン・パリ・アット・パンテオン+ボーナス・トラック
1.Shape of My Heart / シェイプ・オブ・マイ・ハート(ライヴ)
2.Fragile / フラジャイル(ライヴ)
3.Message In A Bottle / 孤独のメッセージ(ライヴ)
4.If It’s Love / イフ・イッツ・ラヴ(ライヴ)
5.Rushing Water / ラッシング・ウォーター(ライヴ)
6.For Her Love / フォー・ハー・ラヴ(ライヴ)
7.Por Su Amor feat. KURT / ポル・ス・アモール feat. KURT
8.Por Su Amor / ポル・ス・アモール *

■リンク
公式サイト(日本)
OFFICIAL SITE(海外)
Instagram(海外)
Twitter(海外)
FACEBOOK(海外)

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。