ザ・ビートルズ“最後の新曲”「Now And Then」 が日本時間11/2(木)23時にリリース!12分間のドキュメンタリー映画のトレーラー・ビデオも公開!11/10(金)には『赤盤』『青盤』が2023エディションとして世界同時リリース

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

The Beatles(ザ・ビートルズ)としての“最後の新曲”「Now And Then(ナウ・アンド・ゼン)」が日本時間11月2日(木)23時に、全世界に向けてリリースされることが決定。11月1日に公開が決定したOliver Murray(オリヴァー・マレー)が脚本と監督を手がけた12分間のドキュメンタリー映画『ナウ・アンド・ゼン ― ザ・ラスト・ビートルズ・ソング』のトレーラー・ビデオも公開されました。

YouTubeNow And Then - The Last Beatles Song (Short Film Trailer) - YouTube

一緒にいた当時も、離れてからも、ザ・ビートルズは常に予想外のことをする才能があった。そして2023年の今、彼らの長く果てしなく波乱に満ちた歴史の中で、最も期待されるリリースがいよいよ現実のものとなる。「ナウ・アンド・ゼン」は、John Lennon(ジョン・レノン)が書き、歌い、Paul McCartney(ポール・マッカートニー)George Harrison(ジョージ・ハリスン)Ringo Starr(リンゴ・スター)が練り上げ、40年以上経ってようやくポールとリンゴが完成させたThe Last Beatles Song (最後のビートルズ・ソング)だ。

THE BEATLES 1963 - CREDIT APPLE CORPS LTD.THE BEATLES 1963 - CREDIT APPLE CORPS LTD.

「Now And Then」は、日本時間11月2日(木)午後11時に、全世界に向けてリリースされます。この両A面シングルは、最後のビートルズ・ソングと最初の曲、つまり1962年の英国でのデビュー・シングル 「Love Me Do(ラヴ・ミー・ドゥ)」が対になっています。両曲ともステレオとドルビーアトモス®でミックスされ、有名アーティスト、エド・ルシェによるオリジナル・ジャケット・アートがフィーチャーされている。「Now And Then」の新しいミュージック・ビデオは11月3日(金)に初公開されます。世界的なプレミアの予定など、詳細は追って発表の予定。

さらにOliver Murray(オリヴァー・マレー)が脚本と監督を手がけた12分間のドキュメンタリー映画『ナウ・アンド・ゼン ― ザ・ラスト・ビートルズ・ソング』が11月1日に公開。この映画のグローバル・オンライン・プレミアは、ザ・ビートルズのYouTubeチャンネルにて、日本時間11月2日(木)午前4時30分(イギリス時間11月1日(水)午後7時30分)に行なわれる予定。この感動的な短編映画は、ポール、リンゴ、ジョージ、ショーン・オノ・レノン、ピーター・ジャクソンの独占映像や解説を交えて、The Last Beatles Songにまつわるストーリーを紡ぐものとなっています。
「ナウ・アンド・ゼン/ラヴ・ミー・ドゥ」両A面シングルの予約・配信はこちら

さらに11月10日、『ザ・ビートルズ1962年~1966年』(『通称:赤盤』)と『ザ・ビートルズ1967年~1970年』(通称:『青盤』)の2023エディションが発売。50年前に発売されて以来、これらのアルバムはのちの世代にザ・ビートルズの音楽を紹介してきました。今回、両コレクションのトラックリストを拡張し、全曲を本物のステレオ&ドルビーアトモスでミックスし直され、新たな4CDと180グラムの6枚組LPレコード・コレクションは『赤盤』と『青盤』をペアにしてスリップケースに収納。『ザ・ビートルズ1962年~1966年』2023エディションは、1曲目が「ラヴ・ミー・ドゥ」のUKシングル・ヴァージョンで始まり、『ザ・ビートルズ1967年~1970年』2023エディションでは「ナウ・アンド・ゼン」がフィーチャーされ、キャリアを網羅したコレクションが完成。

『ザ・ビートルズ1962年~1966年』2023エディションと『ザ・ビートルズ1967年~1970年』2023エディションの予約こちら
『ザ・ビートルズ1962年~1966年』2023エディション
『ザ・ビートルズ1967年~1970年』2023エディション
『ザ・ビートルズ1962年~1966年』『ザ・ビートルズ1967年~1970年』

「ナウ・アンド・ゼン」の物語は1970年代後半、ジョンがニューヨークのダコタ・ビルにある自宅でヴォーカルとピアノによるデモを録音したことから始まります。1994年、妻のヨーコ・オノ・レノンは、ジョンの「フリー・アズ・ア・バード」と「リアル・ラヴ」のデモとともにこの音源をポール、ジョージ、リンゴに渡しました。この2曲はザ・ビートルズの新曲として完成し、『ザ・ビートルズ・アンソロジー』のプロジェクトの一環として、1995年と1996年にそれぞれシングルとしてリリース。このとき同時にポール、ジョージ、リンゴは新しいパートをレコーディングし、プロデューサーのジェフ・リンとともに「ナウ・アンド・ゼン」のラフ・ミックスを完成させていましたが、その時点ではジョンのヴォーカルとピアノを分離して、クリアで曇りのないミックスを実現し、曲を仕上げることが技術的な制限により不可能でした。そして 「ナウ・アンド・ゼン」は、将来的に再度作業を行う可能性を残しながらもお蔵入りに。

2021年になると『ザ・ビートルズ:Get Back』が公開。 ピーター・ジャクソンが監督を務めたこのドキュメンタリーは、数々の賞を受賞したフィルムとオーディオの修復技術で視聴者を驚かせました。ウィングナット・フィルムズのMALオーディオ・テクノロジーを使って、ジャクソン監督のチームは映画のモノラル・サウンドトラックをデミックスし、楽器とヴォーカル、そしてザ・ビートルズの会話の中の個々の声を分離することに成功。この成果は、4トラックのマスター・テープを音源として使用した2022年の『リボルバー』の新たなミックスへの道を開きました。結果、今、「ナウ・アンド・ゼン」のデモに対して何かできるではないかという考えが浮上。ピーター・ジャクソンとエミール・ド・ラ・レイ率いる彼のサウンド・チームは、ジョンのオリジナル・ホーム・レコーディングに同じ技術を適用し、ピアノの音から分離することでオリジナルのヴォーカル・パフォーマンスの明瞭さと完全性を保つことに成功します。

2022年、ポールとリンゴはこの曲を完成にさせるべく作業を開始。ジョンのヴォーカルに加え、「ナウ・アンド・ゼン」にはジョージが1995年に録音したエレクトリック・ギターとアコースティック・ギター、リンゴの新しいドラム・パート、ポールのベース、ギター、ピアノが含まれており、ジョンのオリジナルの演奏にマッチしています。ポールはジョージにインスパイアされたスライド・ギター・ソロを加え、そして彼とリンゴはサビでバッキング・ヴォーカルも担当。

ロサンゼルスでは、ジャイルズ・マーティン、ポール、ベン・フォスターによって書かれたこの曲の切なく、ザ・ビートルズの真髄とも言えるストリングス・アレンジのキャピトル・スタジオでのレコーディング・セッションを、ポールが監修。さらにポールとジャイルズは「ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア」、「エレナ・リグビー」、「ビコーズ」のオリジナル・レコーディングのバッキング・ヴォーカルを、『LOVE』のショウとアルバムの制作中に完成したテクニックを使って新曲に織り込みました。完成した曲はポールとジャイルズがプロデュースし、スパイク・ステントがミックスしています。

■ポールのコメント
「ジョンの声が、とてもクリアに聞こえる。かなり感動した。僕たち全員が参加した本物のザ・ビートルズのレコーディングだと言える。2023年にまだビートルズの音楽に取り組んでいて、一般の人々がまだ聴いたことのない新曲をリリースしようとしているなんて、本当にエキサイティングなことさ」
■リンゴのコメント
「彼が部屋に戻ってくることの次に彼に一番近づいた瞬間だったから、僕たち全員にとって、とても感慨深いことだった。まるでジョンがそこにいるようだった。斬新だった」
■オリヴィア・ハリスンのコメント
「1995年当時、スタジオで数日間この曲に取り組んだ後、ジョージはデモの技術的な問題を克服できないと感じ、この曲を十分に高い水準で仕上げることは不可能だと結論づけたんです。ダニーと私は、もし彼が今日ここにいたら、彼がポールとリンゴとともに心を込めて「ナウ・アンド・ゼン」のレコーディングを完成させたに違いないと確信しています」
■ショーン・オノ・レノンのコメント
「父がいなくなって何年も経ってから、彼らが一緒に仕事をしていると聞いて、ものすごく感動しました。この曲は父とポール、ジョージ、リンゴが一緒に作った最後の曲です。この曲はタイム・カプセルのようなもので、運命的なものだと感じています」

ポールがメディアのインタヴューで“ザ・ビートルズの新曲”を初めて予告した6月以来、「ナウ・アンド・ゼン」への興奮と期待は高まってきました。そしてついに11月2日(木)、日の目をみる運命だったこの「ナウ・アンド・ゼン」が全世界に向けてお披露目されます。

ザ・ビートルズのレコーディング記録の歴史の最後を飾るこの作品のあとには、常に彼らの作品を紹介する決定的な入門書として見なされてきた2枚のコンピレーション・アルバムの新版が続きます。 1973年の発売以来、『ザ・ビートルズ1962年~1966年』(『通称:赤盤』)と『ザ・ビートルズ1967年~1970年』(『通称:青盤』)のコレクションは、世界中のあらゆる年齢層の無数のリスナーを生涯にわたるビートルズ・ファンへと導いてきました。2023エディションのリリース(11月10日発売)のために拡張されたこのコレクションは、最初のシングル「ラヴ・ミー・ドゥ」から最後の「ナウ・アンド・ゼン」まで、ザ・ビートルズの全音源から75曲の傑出した楽曲が収録。新たに追加された21曲(『赤盤』には12曲、『青盤』には9曲)は、ザ・ビートルズのベスト・ソングを今まで以上に紹介する内容となっています。

近年、『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』(2017年)、『ザ・ビートルズ(「ホワイト・アルバム」)』(2018年)、『アビイ・ロード』(2019年)、『レット・イット・ビー』(2021年)、『リボルバー』(2022年)を含むザ・ビートルズのスペシャル・エディション・アルバムのリリースのために、『ザ・ビートルズ1967年~1970年』に含まれる数曲と、『ザ・ビートルズ1962年~1966年』に含まれる数曲が新たにステレオ・ミックスとドルビーアトモス・ミックスを施され、さらに『ザ・ビートルズ1』(2015年)のために新たなステレオ・ミックスが施されました。これらのリリースには収録されていなかった他のすべての楽曲を、ジャイルズ・マーティンとサム・オケルがアビイ・ロード・スタジオで、ウィングナット・フィルムズのオーディオ・デミキシング技術の手助けを借りながら新たにステレオおよび/またはドルビーアトモスでミックス。どちらのコレクションにも、ジャーナリストで作家のジョン・ハリスによる書き下ろしエッセイが収録されています。

■商品情報

ザ・ビートルズ「ナウ・アンド・ゼン」

ザ・ビートルズ「ナウ・アンド・ゼン」
両A面シングル
・配信日
11月2日(木)23:00
・発売日
輸入盤:11月3日(金)
日本盤:[直輸入盤仕様限定盤]:11月17日(金)
・英文解説翻訳付/歌詞対訳付(日本盤[直輸入盤仕様限定盤]のみ)
配信・予約はこちら

■商品フォーマット(直輸入盤仕様限定盤)
①7インチ・ブラック
UIKY-75120 / 2,530円税込 [11/17発売]
②7インチ・クリア
UIKY-75121 / 3,025円税込 [11/17発売]
③7インチ・ブルー
UIKY-75122 / 3,025円税込 [11/17発売]
④12インチ・ブラック
UIJY-75252 / 3,465円税込 [11/17発売]
⑤7インチ・マーブル<ザ・ビートルズ・ストア限定商品>
PDKT-1001 / 3,025円税込 [11/17発売]

■収録曲
Side A:ナウ・アンド・ゼン
Side AA:ラヴ・ミー・ドゥ
●ステレオ・ミックス
デジタル、ストリーミング、7インチ・ブラック&カラー・シングル盤(ブルー、クリア)、12インチ・ブラック・シングル盤
ビートルズ・ストア限定商品:カセット、7インチ・マーブル・シングル盤
●ドルビーアトモス・ミックス
デジタル、ストリーミング

『ザ・ビートルズ 1962年~1966年』 2023エディション

『ザ・ビートルズ 1962年~1966年』 2023エディション
通称:赤盤の2023エディション
全曲ミックス音源。追加トラック12曲
・発売日
日本盤CD:11月10日(金)
日本盤LP[直輸入盤仕様限定盤]:11月22日(金)
・英文解説翻訳付/歌詞対訳付(日本盤CD、日本盤LP[直輸入盤仕様限定盤]のみ)
・SHM-CD仕様(日本盤CDのみ)
予約はこちら

■商品フォーマット
①2CD(日本盤)
UICY-16200/1 / 4,180円税込 [11/10発売] 
②3LP(直輸入盤仕様/限定盤)
UIJY-75240/2 / 13,200円税込 [11/22発売] 
③3LPカラー<ザ・ビートルズ・ストア限定商品>(直輸入盤仕様/限定盤)
PDJT-1033/5 / 14,300円税込 [11/22発売]

■収録曲
(2CDステレオ)
*=新たに追加されたトラック
・CD1
1. ラヴ・ミー・ドゥ (2023ミックス)
2. プリーズ・プリーズ・ミー (2023ミックス)
3. アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア (2023ミックス)*
4. ツイスト・アンド・シャウト (2023ミックス)*
5. フロム・ミー・トゥ・ユー (2023ミックス)
6. シー・ラヴズ・ユー (2023ミックス)
7. 抱きしめたい (2023ミックス)
8. ジス・ボーイ (2023ミックス)*
9. オール・マイ・ラヴィング (2023ミックス)
10. ロール・オーバー・ベートーヴェン (2023ミックス)*
11. ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー (2023ミックス)*
12. キャント・バイ・ミー・ラヴ (2023ミックス)
13. ユー・キャント・ドゥ・ザット (2023ミックス)*
14. ア・ハード・デイズ・ナイト (2023ミックス)
15. アンド・アイ・ラヴ・ハー (2023ミックス)
16. エイト・デイズ・ア・ウィーク (2023ミックス)
17. アイ・フィール・ファイン (2023ミックス)
18. 涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド) (2023ミックス)
19. イエスタデイ (2023ミックス)
・CD2
1. ヘルプ (2023ミックス)
2. 悲しみはぶっとばせ (2023ミックス)
3. 恋を抱きしめよう (2023ミックス)
4. デイ・トリッパー (2023ミックス)
5. ドライヴ・マイ・カー (2023ミックス)
6. ノルウェーの森(ノーウェジアン・ウッド) (2023ミックス)
7. ひとりぼっちのあいつ (2023ミックス)
8. ミッシェル (2023ミックス)
9. イン・マイ・ライフ (2023ミックス)
10. 恋をするなら (2023ミックス)*
11. ガール (2023ミックス)
12. ペイパーバック・ライター (2022ミックス)
13. エリナー・リグビー (2022ミックス)
14. イエロー・サブマリン (2022ミックス)
15. タックスマン (2023ミックス)*
16. ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ (2022ミックス)*
17. アイム・オンリー・スリーピング (2022ミックス)*
18. ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア (2022ミックス)*
19. トゥモロー・ネバー・ノウズ (2022ミックス)*

『ザ・ビートルズ 1967年~1970年』 2023エディション

『ザ・ビートルズ 1967年~1970年』 2023エディション
通称:青盤の2023エディション
全曲ミックス音源。追加トラック「ナウ・アンド・ゼン」を含む9曲
・発売日
日本盤CD:11月10日(金)
日本盤LP[直輸入盤仕様限定盤]:11月22日(金)
・英文解説翻訳付/歌詞対訳付(日本盤CD、日本盤LP[直輸入盤仕様限定盤]のみ)
・SHM-CD仕様(日本盤CDのみ)
予約はこちら

■商品フォーマット
①2CD(日本盤)
UICY-16202/3 / 4,180円税込 [11/10発売] 
②3LP(直輸入盤仕様/限定盤)
UIJY-75243/5 / 13,200円税込 [11/22発売] 
③3LPカラー<ザ・ビートルズ・ストア限定商品>(直輸入盤仕様/限定盤)
PDJT-1036/8 / 14,300円税込 [11/22発売]

■収録曲
(2CDステレオ)
*=新たに追加されたトラック
・CD1
1. ストロベリー・フィールズ・フォーエバー (2015ステレオ・ミックス)
2. ペニー・レイン (2017ミックス)
3. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (2017ミックス)
4. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ (2017ミックス)
5. ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ (2017ミックス) 
6. ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー (2017ミックス)*
7. ア・デイ・イン・ザ・ライフ (2017ミックス)
8. 愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ)(2015ステレオ・ミックス)
9. アイ・アム・ザ・ウォルラス (2023ミックス)
10. ハロー・グッドバイ (2015ステレオ・ミックス)
11. フール・オン・ザ・ヒル (2023ミックス)
12. マジカル・ミステリー・ツアー (2023ミックス)
13. レディ・マドンナ (2015ステレオ・ミックス)
14. ヘイ・ジュード (2015ステレオ・ミックス)
15. レボリューション (2023ミックス)
・CD2
1. バック・イン・ザ・U.S.S.R. (2018ミックス)
2. ディア・プルーデンス (2018ミックス)*
3. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス (2018ミックス)
4. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ (2018ミックス)
5. グラス・オニオン (2018ミックス)*
6. ブラックバード (2018ミックス)*
7. ヘイ・ブルドッグ (2023ミックス)*
8. ゲット・バック (2015ステレオ・ミックス)
9. ドント・レット・ミー・ダウン (2021ミックス)
10. ジョンとヨーコのバラード (2015ステレオ・ミックス)
11. オールド・ブラウン・シュー (2023ミックス)
12. ヒア・カムズ・ザ・サン (2019ミックス)
13. カム・トゥゲザー (2019ミックス)
14. サムシング (2019ミックス)
15. オクトパス・ガーデン (2019ミックス)
16. オー!ダーリン (2019ミックス)*
17. アイ・ウォント・ユー (2019ミックス)*
18. レット・イット・ビー (2021ミックス)
19. アクロス・ザ・ユニバース (2021ミックス)
20. アイ・ミー・マイン (2021ミックス)*
21. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード (2021ミックス)
22. ナウ・アンド・ゼン *

『ザ・ビートルズ 1962年~1966年』『ザ・ビートルズ 1967年~1970年』

『ザ・ビートルズ 1962年~1966年』『ザ・ビートルズ 1967年~1970年』
通称:赤盤と通称:青盤のセット
スリップケース入り。全曲ミックス音源。追加トラック21曲計75曲
・発売日
日本盤LP[直輸入盤仕様限定盤]:(ブラック、カラー):11月22日(金)
日本盤CD:11月10日(金)
・英文解説翻訳付/歌詞対訳付(日本盤CD、日本盤LP[直輸入盤仕様限定盤]のみ)
・SHM-CD仕様(日本盤CDのみ)
予約はこちら

■商品フォーマット
①6LP・ブラック(直輸入盤仕様/限定盤)
UIJY-75246/51 / 25,300円税込 [11/22発売]
②4CD <ザ・ビートルズ・ストア限定商品>(日本盤/限定盤)
PDCT-1020/3 / 8,360円税込  [11/10発売]
③6LP・カラー<ザ・ビートルズ・ストア限定商品>(直輸入盤仕様/限定盤)
PDJT-1039/4 / 26,400円税込 [11/22発売]

■収録曲
[LP1 (ザ・ビートルズ 1962年~1966年)]
・Side A
1. ラヴ・ミー・ドゥ (2023ミックス)
2. プリーズ・プリーズ・ミー (2023ミックス)
3. フロム・ミー・トゥ・ユー (2023ミックス)
4. シー・ラヴズ・ユー (2023ミックス)
5. 抱きしめたい (2023ミックス)
6. オール・マイ・ラヴィング (2023ミックス)
7. キャント・バイ・ミー・ラヴ (2023ミックス)
・Side B
1. ア・ハード・デイズ・ナイト (2023ミックス)
2. アンド・アイ・ラヴ・ハー (2023ミックス)
3. エイト・デイズ・ア・ウィーク (2023ミックス)
4. アイ・フィール・ファイン (2023ミックス)
5. 涙の乗車券(ティケット・トゥ・ライド) (2023ミックス)
6. イエスタデイ (2023ミックス)
[LP2 (ザ・ビートルズ 1962年~1966年)]
・Side A
1. ヘルプ (2023ミックス)
2. 悲しみはぶっとばせ (2023ミックス)
3. 恋を抱きしめよう (2023ミックス)
4. デイ・トリッパー (2023ミックス)
5. ドライヴ・マイ・カー (2023ミックス)
6. ノルウェーの森(ノーウェジアン・ウッド) (2023ミックス)
・Side B
1. ひとりぼっちのあいつ (2023ミックス)
2. ミッシェル (2023ミックス)
3. イン・マイ・ライフ (2023ミックス)
4. ガール (2023ミックス)
5. ペイパーバック・ライター (2022ミックス)
6. エリナー・リグビー (2022ミックス)
7. イエロー・サブマリン (2022ミックス)
[LP3 (ボーナスLP:ザ・ビートルズ 1962年~1966年)]
・Side A
1. アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア (2023ミックス)
2. ツイスト・アンド・シャウト (2023ミックス)
3. ジス・ボーイ (2023ミックス)
4. ロール・オーバー・ベートーヴェン (2023ミックス)
5. ユー・リアリー・ゴッタ・ホールド・オン・ミー (2023ミックス)
6. ユー・キャント・ドゥ・ザット (2023ミックス)
・Side B
1. 恋をするなら (2023ミックス)
2. タックスマン (2023ミックス)
3. ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ (2022ミックス)
4. アイム・オンリー・スリーピング (2022ミックス)
5. ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア (2022ミックス)
6. トゥモロー・ネバー・ノウズ (2022ミックス)
[LP4 (ザ・ビートルズ 1967年~1970年)]
・Side A
1. ストロベリー・フィールズ・フォーエバー (2015ステレオ・ミックス)
2. ペニー・レイン (2017ミックス)
3. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (2017ミックス)
4. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ (2017ミックス)
5. ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ (2017ミックス) 
6. ア・デイ・イン・ザ・ライフ (2017ミックス)
7. 愛こそはすべて(オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ)(2015ステレオ・ミックス)
・Side B
1. アイ・アム・ザ・ウォルラス (2023ミックス)
2. ハロー・グッドバイ (2015ステレオ・ミックス)
3. フール・オン・ザ・ヒル (2023ミックス)
4. マジカル・ミステリー・ツアー (2023ミックス)
5. レディ・マドンナ (2015ステレオ・ミックス/2023ドルビーアトモス・ミックス)
6. ヘイ・ジュード (2015ステレオ・ミックス/2023ドルビーアトモス・ミックス)
7. レボリューション (2023ミックス)
[LP5 (ザ・ビートルズ 1967年~1970年)]
・Side A
1. バック・イン・ザ・U.S.S.R. (2018ミックス)
2. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス (2018ミックス)
3. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ (2018ミックス)
4. ゲット・バック (2015ステレオ・ミックス)
5. ドント・レット・ミー・ダウン (2021ミックス)
6. ジョンとヨーコのバラード (2015ステレオ・ミックス)
7. オールド・ブラウン・シュー (2023ミックス)
・Side B
1. ヒア・カムズ・ザ・サン (2019ミックス)
2. カム・トゥゲザー (2019ミックス)
3. サムシング (2019ミックス)
4. オクトパス・ガーデン (2019ミックス)
5. レット・イット・ビー (2021ミックス)
6. アクロス・ザ・ユニバース (2021ミックス)
7. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード 2021ミックス)
[LP6 (ボーナスLP:ザ・ビートルズ 1967年~1970年)]
・Side A
1. ナウ・アンド・ゼン
2. ブラックバード (2018ミックス)
3. ディア・プルーデンス (2018ミックス)
4. グラス・オニオン (2018ミックス)
5. ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー (2017ミックス)
・Side B
1. ヘイ・ブルドッグ (2023ミックス)
2. オー!ダーリン (2019ミックス)
3. アイ・ミー・マイン (2021ミックス)
4. アイ・ウォント・ユー (2019ミックス)

●ステレオ・ミックス
デジタル、ストリーミング、2CD、180g 3枚組LPブラック・ヴィニール、スリップケース入り180g 6枚組ブラック・ヴィニール・セット
ビートルズ・ストア限定商品:3枚組カラーLP(赤盤は赤、青盤は青)、スリップケース入り4CDセット、スリップケース入り6枚組赤盤&青盤セット
●ドルビーアトモス・ミックス
デジタル、ストリーミング

■リンク
アーティスト・ページ
日本レーベル公式X
日本レーベル公式Facebook
ザ・ビートルズ プレイリスト
THE BEATELS STORE JAPAN

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事