ザ・ローリング・ストーンズが1963年から1969年のあいだに発表したモノ・ミックスをすべて収録した16枚組LPボックスが初の限定版カラー仕様で2023年1月20日発売

The Rolling Stones(ザ・ローリング・ストーンズ)が1963年から1969年のあいだに発表したモノ・ミックスをすべて収録した16枚組LPボックス『ザ・ローリング・ストーンズ・イン・MONO』が初の限定版カラー仕様で2023年1月20日に発売されることが決定しました。日本ではUNIVERSAL MUSIC STORE限定発売となります(輸入盤のみの取り扱い)。

ザ・ローリング・ストーンズ『ザ・ローリング・ストーンズ・イン・MONO』限定カラー・エディションLP ボックス・セットザ・ローリング・ストーンズ『ザ・ローリング・ストーンズ・イン・MONO』限定カラー・エディションLP ボックス・セット

LPボックス・セット『The Rolling Stones in Mono (LIMITED COLOUR EDITION / 限定版カラー・エディション) 』を2023年初頭に発売。ボックス・セット『The Rolling Stones in Mono』は、2016年にブラックLP、CD、デジタル配信でリリースされましたが、今回の最新エディションはザ・ローリング・ストーンズが1960年代に発表したすべての作品 (全186曲 / 180g重量盤LP16枚に収録) を、とりどりのカラーLP (計14色) に収めたものとなっています。それぞれのLPレコードの色は、『Aftermath』や『Beggars Banquet』といった名盤群のオリジナル・ジャケットのデザインに合わせたものになっています。

1963年から1969年までのあいだに発表された作品をまとめた今回の『The Rolling Stones in Mono (LIMITED COLOUR EDITION) 』は、ロンドン出身のあの伝説的な五人組、ザ・ローリング・ストーンズの活動初期をカヴァー。ストーンズは、「Satisfaction」、「Paint It, Black (黒くぬれ ! ) 」、「Ruby Tuesday」、「Honky Tonk Women」といった時代を代表する大ヒット曲を生み出し、「世界最高のロックンロール・バンド」として認められる存在になりました。この『The Rolling Stones in Mono』は15の個別のアルバムとしてパッケージ化されており、このバンドの主要作品の米国盤と英国盤を収録。ここにはこの時期に発表されたすべての曲が収められており、収録曲の重複を最小限に留めるようなかたちで構成されています。

このボックス・セットだけに収録される2枚組コンピレーションLP『Stray Cats』は落穂拾いのような役目を果たしており、その他の14枚のアルバムに収録されていない1960年代のザ・ローリング・ストーンズの全楽曲 (24曲) がまとめられています。ここには、「Poison Ivy」 (2ヴァージョン) 、バレット・ストロングが1959年に出したヒット曲のカヴァー「Money」、そして「Fortune Teller」といった楽曲が収録。さらには、「Con Le Mie Lacrime」 (「As Tears Go By」のイタリア語ヴァージョン) 、「Stoned」 (シングル「I Wanna Be Your Man [彼氏になりたい] 」のB面に収録されたインストゥルメンタル・ナンバー) 、1965年にスタジオでレコーディングされたオーティス・レディングのカヴァー「I've Been Loving You Too Long (恋をしすぎた) 」のアウトテイクのようなレア・トラックも含まれています。これらのうち「I've Been Loving You Too Long」は、1966年のアルバム『Got Live If You Want It!』に収録されているヴァージョンでは、観客の歓声をダビングし、あたかもライヴ録音であるかのように仕立てられていましたが、今回はその歓声がない状態で聴くことができます。

当時は、ロックやポップスのレコードのほとんどはモノラルにミックスされていました。一方ステレオ・ヴァージョンは単なる補足のように扱われ、オリジナル (モノ) ・ヴァージョンが完成したのちに制作されることが多く、要するにこの時代はモノが主流。そしてザ・ローリング・ストーンズのレコードも、まさにそういった状況下で制作されていました。1960年代の一般的な再生システムは、まだあまり洗練されていませんでしたが、当時のオリジナル・モノ・レコードは (特に高品質のオーディオ機器で聴けば) 最高の音質で楽しめるように作られており、パワフルで、聴き手に非常に直接的なインパクトを与えることができました。

キース・リチャーズは、自伝『Life』の中で、「まるでその場に居合わせて……スタジオでの演奏をそのまま聴いているような感じだった。飾りも何もない」。またミック・ジャガーは、1995年のローリングストーン誌のインタビューで、以下のように説明している。「ロックはまったく新しい音楽形式だった。俺たちがやり始めたときは、ロックが生まれてからまだ10年も経っていなかった……。まるで、ごく少数の選ばれた人間のような気分だった。この新しいおもちゃで遊ぶことができる、世界でも数少ない人間のひとりになったような感じがしたんだ。俺たちは福音的な熱狂状態にあった」。レコーディング・エンジニアの故デイヴ・ハッシンガーは、ストーンズの作品をモノラルにミックスしていた1964年から66年当時を次のように振り返っている。「ストーンズの面々は、いつもみんな一緒に同時に演奏していた。各パートをざっと練習して、あちこちに変更を加えて、全体をうまく仕上げてから、レコーディングを始めていたんだ」と記しています。

ローリングストーン誌のシニア・エディターであるデヴィット・フリックは、今回のボックス・セットの5,000ワードに及ぶエッセイの中で、「『The Rolling Stones in Mono』は、歴史と大混乱の最初の10年間をスタジオ音源によって振り返った記録集である。これらの音源は、前例のない忠実さと驚くべき詳細さで新たにリマスターされている」と述べています。フィッケのエッセイは、合紙綴じ (フルフラット) で製本された4色刷り・48ページのデラックス・ブックレットに収録。このブックレットには、著名な写真家であるテリー・オニールが撮影しためずらしい写真が数多く掲載。全16枚のLPはオリジナルのフルカラー・アルバム・ジャケットに収められ、ブックレットとともに一体型の特製のボックスに収められています。

『The Rolling Stones in Mono (LIMITED COLOUR EDITION) 』に使用されている音源には、グラミー賞受賞歴を持つエンジニア、ボブ・ラドウィックによって、ゲートウェイ・マスタリングでリマスターが施されています。このプロジェクトでは、オリジナルのマスター・テープがサンプリングレート2,822,400ビットのダイレクトストリームデジタル (DSD) でデジタル変換。またレコードのカッティングは、ショーン・マギーがアビー・ロード・スタジオで行なっています。『The Rolling Stones in Mono (LIMITED COLOUR EDITION) 』のプロジェクトは、テリ・ランディ (グラミー賞受賞歴のあるABKCOの主任オーディオ・エンジニア) が監修しています。

■商品詳細

The Rolling Stones In Mono (Limited Colour Edition) 16-LP vinyl box set

The Rolling Stones In Mono (Limited Colour Edition) 16-LP vinyl box set
(輸入盤のみの発売)
価格:63,800円(税込)
購入はこちらから

■ボックスの収録内容
The Rolling Stones In Mono (Limited Colour Edition) 16-LP vinyl box set
1. The Rolling Stones (UK, 1964) - Cobalt Blue vinyl
2 . 12 X 5 (1964) - Yellow vinyl
3. The Rolling Stones No. 2 (UK, 1965) - Steel Blue vinyl
4. The Rolling Stones Now! (1965) - Gold vinyl
5. Out of Our Heads (US, 1965) - Sky Blue vinyl
6. Out of Our Heads (UK, 1965) - Green vinyl
7. December’s Children (And Everybody’s) (1965) - Silver vinyl
8. Aftermath (UK, 1966) - Purple vinyl
9. Aftermath (US, 1966) - Grey vinyl
10. Between the Buttons (UK, 1967) - Azure Blue vinyl
11. Flowers (1967) - Pink vinyl
12 . Their Satanic Majesties Request (1967) - White vinyl
13. Beggars Banquet (1968) - Maroon vinyl
14 . Let It Bleed (1969) - Red vinyl
15. Stray Cats (2-LP collection of single A & B sides plus E.P. tracks) - White vinyl

SNSでシェアする!

Writer この記事を書いた人

洋楽まっぷ管理者。洋楽大好き洋楽人間。70年代から最新の洋楽までヒット曲なら幅広い知識があります。時代毎の良さがある洋楽の魅力を少しでもわかりやすくご紹介できればと思います。