トラヴィス・スコットがローマで新たなライヴ『UTOPIA LIVE AT CIRCUS MAXIMUS』の開催を発表

BY

※本ページにはアフィリエイト広告(PR)が含まれます

洋楽ニュース

Travis Scott(トラヴィス・スコット)がSNSを通じて、8月7日にローマのチルコ・マッシモで『CIRCUS MAXIMUS』というタイトルの新たなライヴを開催することを発表しました。

トラヴィス・スコットがローマで新たなライヴ『UTOPIA LIVE AT CIRCUS MAXIMUS』の開催を発表
IMAGE VIA:Instagram

『CIRCUS MAXIMUS』は4枚目のスタジオ・アルバム『Utopia』に収録されており、A24がプロデュースし、トラヴィス・スコットが脚本・監督を務めた映画『CIRCUS MAXIMUS』のタイトルにもなっています。映画は、「彼の待望の次期アルバム『Utopia』のスピーカーのガラガラ音によって織りなされる、世界中を巡る衝撃的な映像の旅に観客を連れて行く」とAMCシアターズは述べています。今作はAMCシアターズ限定で公開される予定。

また今回発表されたライヴは、中止されたエジプトのギザのピラミッド・コンサートの代替公演としても機能すると見られていますが、トラヴィス・スコットはX(ツイッター)にて、「エジプトのピラミッドが起こるだろう。ただし、需要と物流の詳細により、彼らは土地に着くのに少し時間が必要なだけです。近いうちにあなたを愛してくれる予定の日付をお知らせします」と投稿しています。

『Utopia』はリリース後Spotifyが一時クラッシュする事態となるほど注目されていた今作。Apple Musicでもリリース後は一時トップ10に7曲がランクインし、アルバムチャートでは1位。iTunesのアルバムチャートでも1位を獲得しています。

大ヒットとなった2018年『Astroworld』以来となり、2020年からSNSを通じてタイトルなどをほのめかしていました。2019年にはレコーディングが開始されており、インタビューでは自身のサウンドを拡張しようと試みながら、新しいアーティストとコラボレーションし、自身が作成したインストゥルメンタルで曲を制作していることも語られていました。

今作は映画『CIRCUS MAXIMUS』を伴うコンセプト作品となっており、Teezo Touchdown(ティーゾ・タッチダウン)、Sampha(サンファ)、Drake(ドレイク)、Playboi Carti(プレイボーイ・カルティ)、Sheck Wes(シェック・ウェス)、Beyoncé(ビヨンセ)、James Blake(ジェームス・ブレイク)、Rob49(ロブ49)、21 Savage(21サヴェージ)、The Weeknd(ザ・ウィークエンド)、Young Thug(ヤング・サグ)、Yung Lean(ヤング・リーン)、Westside Gunn(ウェストサイド・ガン)、Kid Cudi(キッド・カディ)、Bad Bunny(バッド・バニー)、Future(フューチャー)、SZA(シザ)と豪華すぎる多くのゲストが参加しています。

■『Utopia』トラックリスト
1. Hyaena
2. Thank God
3. Modern Jam
4. My Eyes
5. God's Country
6. Sirens
7. Meltdown
8. Fe!n
9. Delresto (Echoes)
10. I Know ?
11. Topia Twins
12. Circus Maximus
13. Parasail
14. Skitzo
15. Lost Forever
16. Looove
17. K-pop
18. Telekinesis
19. Til Further Notice

WRITER

洋楽まっぷ編集部

洋楽まっぷ編集部が70年代から最新の洋楽までヒット曲、また幅広いジャンルから厳選した情報をお届け致します。

人気記事